『年間第3主日』の聖書と説教一覧はこちら

2021年/B年説教=新しいいのちの輝き

カトリック典礼暦年2021年(2020年11月~2021年11月)は、主にマルコ福音書が朗読されるB年。

イエスは、いつも人間の悲しさ、さびしさに心を向けられ、そして、その醜さのすべてを見ぬき、わたしたち一人ひとりの心にしみとおる温かな恵みを注いでくれます。
ただ、わたしたちに求められるのは、信頼のうちに、自らをイエスの前にさらけ出す勇気です。その勇気が、絶えず「新しいいのちの輝き」をもたらしてくれます。
いつも、イエスは「わたし」の味方です!!
2021年/B年説教=新しいいのちの輝き

年間第2主日:イエスのもとにとどまる。真の「わたしらしく」なるために

イエスをぬきにして「わたし」はないのです。また、イエスを失うことは、キリスト教はなくなるということです。イエスとともに「とどまる」ことが「わたし」をより「わたし」たらしめることなのです。
2021年/B年説教=新しいいのちの輝き

年間第3主日:神からの呼びだし、それは「賭ける」人生への呼びかけ

弟子たちが網と船を捨ててイエスについていったという今日の福音書の話の意味は、「賭ける」人生、つまりイエス(神)に賭けて生きていく道を探求しなさい、という呼びかけです。わたしたちの洗礼の秘跡は、まさに、その呼びかけに対する「わたし」の応えです。
2021年/B年説教=新しいいのちの輝き

主の洗礼:神とともにある日々を大事に、音のないメッセージを読み解く

主の洗礼の出来事は、現実を突き破った先に、わたしたちの目と心を向けさせる「仰ぎ見る目」に気づかせてくれます。その歩みを謙虚に続けましょう。いつの日か、今望んでいることが目の前に展開される日が来ます。
2021年/B年説教=新しいいのちの輝き

主の公現:自分の真の姿を見誤ることなく、新たな日々を積み重ねたい

新しい年が始まりました。日々の歩みの中に、真の自分の姿を見誤ることなく求めましょう。そこには、前に進む力と勇気が、いつも備えられています。そのことを自分の中に、そして、身近なところで、実感できることは何でしょう。
2021年/B年説教=新しいいのちの輝き

聖家族:神のみ旨を探しあて、親子の人生をさらに生かし、豊かにする

「お宮参りをする」「神にささげる」等の行為は、その時が来たら、子どもが自分たち親元を離れていくであろう痛みを感じながらも、神のみ旨に自分たちの心をあげていく姿なのではないでしょうか。
2021年/B年説教=新しいいのちの輝き

待降節第4主日:お言葉通りに!というマリアの奉献から救いはわたしにも

神のみ前に恵みを得たマリア、それは、神の大きなまなざしに包まれ、守られているということになります。神はマリアにそのまなざしを向け、マリアを通して世界の救いを思い、悲しむ人々、傷ついた人々の上に広げていこうと計画されたのです。
2021年/B年説教=新しいいのちの輝き

待降節第3主日:「わたし」に向けられた神の恵みへの道に気づいて欲しい

神の恵み、神の愛、神の思いは、わたしたちの中に、心にすでに注がれているのです。わたしたちはそれに目覚めているでしょうか。その現実に気づいているでしょうか。
2021年/B年説教=新しいいのちの輝き

待降節第2主日:メシア(救い主)の力強さは、愛するが故の最高の力です

「ゆるし続けていく」ということの中に、メシア(救い主)としての最高の力があらわれています。ですから、わたしたちは信頼と安心と安全のうちに信じ、希望し続けることができるのです。だからこそなお、わたしたちとしては、立ち直るきっかけを見逃さないことです。
2021年/B年説教=新しいいのちの輝き

待降節第1主日:「目を覚ましていなさい」というイエスのことばを考える

神のわたしたちへの愛のたしかさに気づき、さらなる望みもってこれからを生きるようにという励ましと招きが、「目覚めなさい」という言葉に託されているのではないでしょうか。
タイトルとURLをコピーしました