復活節第5主日

日曜日の聖書

復活節第5主日「わたしはぶどうの木、あなたがたはその枝である。」

復活節第5主日(B年)の福音=ヨハネ15・1~8 〔そのとき、イエスは弟子たちに言われた。〕 わたしはまことのぶどうの木、わたしの父は農夫である。わたしにつながっていながら、実を結ばない枝はみな、父が取り除かれる。しかし、実を結ぶものはみな、いよいよ豊かに実を結ぶように手入れをなさる。わたしの話した言葉によって、あなたがたは既に清くなっている。
2018年/B年説教=神への道標

復活節第5主日:イエスに繋がっていますか。留まり続けたいですか?

今日の福音の話は「わたしにつながっていなさい」というメッセージが重要な中味ではないかと思います。「つながっている」「とどまっている」というのは、お互いが身も心も任せきってしまうほどのかかわりでないと「安心」できないのではないでしょうか。
日曜日の聖書

復活節第5主日「わたしが父の内におり、父がわたしの内におられる」

復活節第5主日(A年)の福音=ヨハネ14・1~12 「心を騒がせるな。神を信じなさい。そして、わたしをも信じなさい。わたしの父の家には住む所がたくさんある。もしなければ、あなたがたのために場所を用意しに行くと言ったであろうか。
2017年/A年説教=神のふところ

復活節第5主日:恵みは現実への招き。イエスは非常識ではなく常識を超えている

「心を騒がせてはならない。・・わたしを信じなさい」と言って、弟子たちの信仰が本物の信仰になるように働きかけ、励ますのです。つまり、イエスさまのなさる行動は、「非常識」なのではなく「常識を超えた」ものであることに気付きなさいという招きなのです。
日曜日の聖書

復活節第5主日:新しい掟を与える。わたしが愛したように、あなたがたも互いに愛し合いなさい。

復活節第5主日(C年)の福音=ヨハネ13.31~33a、34~35 ユダが〔晩さんの広間から〕出て行くと、イエスは言われた。「今や、人の子は栄光を受けた。神も人の子によって栄光をお受けになった。
2015年/B年説教=イエスのこころ

復活節第5主日:人には安心感のある関わり、繋がり、絆が大事

主の十字架の前では、ペトロをはじめとする弟子たちすべてが、自分たちの根源的な弱さを体験することになったのでした。 だから「繋がっていなさい」というイエスさまの言葉は重いのです。
2016年/C年説教=神のぬくもり

復活節第5主日:隣人愛=イエスの生きざまに繋がることが救いの保証

新しい基準として、イエスさまご自身を示されます。隣人愛、兄弟姉妹愛が、その深さ、豊かさ、持続性においても、その理想とするところはイエスさまの愛し方にあるというのです。
2014年/A年説教=神のたしかさ

復活節第5主日:「イエスさま的」になることは「一つになる」こと

かつて、イエスさまは祈りました。「どうか、みんなを一つにしてください」(ヨハネ17.21)「わたしたちが一つであるように、彼らも一つになるためです」(同17.22)と。私たちを「父と子」の交わりの中に入れさせようとする切実な思いが込められています。
2012年/B年説教=主との出会い

復活節第5主日:信仰はイエスに留まってこそ引き継がれる

イエスさまの受難と十字架の死によって、自分たちの弱さが暴露されたことで、使徒たちは信仰に目覚め、イエスさまのところに留まり続けることができたのでした。
2013年/C年説教=寄り添うイエス

復活節第5主日:イエスが教える愛の基準は「自己放棄」

復活節第5主日(C年)の説教=ヨハネ13.31~352013年4月28日人はそれぞれにその人の歴史、苦悩と喜び、辛さと楽しさ等をかかえて生きています。しかも他者にはわからない状態で累積されていきます。そして、それがその人の人となりにも少なか...