『年間第6主日』の聖書と説教一覧はこちら

教会のITサポート:826村とは

この記事は約3分で読めます。

826村のテーマは、インターネット教会(電子教会)の研究です。デジタル技術の活用法を研究しながら、聖書とカトリックの教えをネット上で分かち合う方法を模索しています。

  カトリック教会の典礼暦です
2月
26
灰の水曜日(A年)<カトリック教会の典礼暦>2020年2月26日
2月 26 全日

灰の水曜日–2月26日/大斎・小斎–聖書の朗読箇所

2015年の灰

2015年灰の水曜日に使用した灰

第1朗読
ヨエルの預言
(ヨエル2・12~18)
主は言われる。 「今こそ、心からわたしに立ち帰れ 断食し、泣き悲しんで。 衣を裂くのではなく お前たちの心を引き裂け。」 あなたたちの神、主に立ち帰れ。 主は恵みに満ち、憐れみ深く 忍耐強く、慈しみに富み くだした災いを悔いられるからだ。 あるいは、主が思い直され その後に祝福を残し あなたたちの神、主にささげる穀物とぶどう酒を 残してくださるかもしれない。 シオンで角笛を吹き 断食を布告し、聖会を召集せよ。 民を呼び集め、会衆を聖別し 長老を集合させよ。 幼子、乳飲み子を呼び集め 花婿を控えの間から 花嫁を祝いの部屋から呼び出せ。 祭司は神殿の入り口と祭壇の間で泣き 主に仕える者は言うがよい。 「主よ、あなたの民を憐れんでください。 あなたの嗣業である民を恥に落とさず 国々の嘲りの種としないでください。 『彼らの神はどこにいるのか』と、 なぜ諸国の民に言わせておかれるのですか。」 そのとき 主は御自分の国を強く愛し その民を深く憐れまれた。
第2朗読
コリントの信徒への手紙
(Ⅱコリント5・20~6・2)
〔皆さん、〕神がわたしたちを通して勧めておられるので、わたしたちはキリストの使者の務めを果たしています。キリストに代わってお願いします。神と和解させていただきなさい。罪と何のかかわりもない方を、神はわたしたちのために罪となさいました。 わたしたちはその方によって神の義を得ることができたのです。わたしたちはまた、神の協力者としてあなたがたに勧めます。神からいただいた恵みを無駄にしてはいけません。なぜなら、「恵みの時に、わたしはあなたの願いを聞き入れた。救いの日に、わたしはあなたを助けた」と神は言っておられるからです。今や、恵みの時、今こそ、救いの日。
福音
マタイによる福音
(マタイ6・1~6、16~18)
〔そのとき、イエスは弟子たちに言われた。〕 「見てもらおうとして、人の前で善行をしないように注意しなさい。さもないと、あなたがたの天の父のもとで報いをいただけないことになる。だから、あなたは施しをするときには、偽善者たちが人からほめられようと会堂や街角でするように、自分の前でラッパを吹き鳴らしてはならない。はっきりあなたがたに言っておく。彼らは既に報いを受けている。施しをするときは、右の手のすることを左の手に知らせてはならない。あなたの施しを人目につかせないためである。そうすれば、隠れたことを見ておられる父が、あなたに報いてくださる。 祈るときにも、あなたがたは偽善者のようであってはならない。偽善者たちは、人に見てもらおうと、会堂や大通りの角に立って祈りたがる。はっきり言っておく。彼らは既に報いを受けている。だから、あなたが祈るときは、奥まった自分の部屋に入って戸を閉め、隠れたところにおられるあなたの父に祈りなさい。そうすれば、隠れたことを見ておられるあなたの父が報いてくださる。 断食するときには、あなたがたは偽善者のように沈んだ顔つきをしてはならない。偽善者は、断食しているのを人に見てもらおうと、顔を見苦しくする。はっきり言っておく。彼らは既に報いを受けている。あなたは、断食するとき、頭に油をつけ、顔を洗いなさい。それは、あなたの断食が人に気づかれず、隠れたところにおられるあなたの父に見ていただくためである。そうすれば、隠れたことを見ておられるあなたの父が報いてくださる。」

灰の水曜日に関するブログ記事はこちらです

 

年間第7主日(A年)  四旬節第1主日(A年)

3月
1
四旬節第1主日(A年)<カトリック教会の典礼暦>2020年3月1日
3月 1 全日

カトリックの暦(典礼歴)

四旬節第1主日【3月1日】聖書の朗読箇所

第1朗読
創世記2・7~9、3・1~7 主なる神は、土(アダマ)の塵で人(アダム)を形づくり、その鼻に命の息を吹き入れられた。人はこうして生きる者となった・・・
第2朗読
ローマ5・12~19 〔みなさん、〕一人の人によって罪が世に入り、罪によって死が入り込んだように、死はすべての人に及んだのです。すべての人が罪を犯したからです・・・
福音
マタイ4・1~11
四旬節第1主日:「退け、サタン。『あなたの神である主を拝み、ただ主に仕えよ』と書いてある。」
四旬節第1主日(A年)の聖書=マタイ4・1~11 イエスは悪魔から誘惑を受けるため、“霊”に導かれて荒れ野に行かれた。そして四十日間、昼も夜も断食した後、空腹を覚えられた。すると、誘惑する者が来て、イエスに言った。「神の子なら、これらの石がパンになるように命じたらどうだ。」イエスはお答えになった。

四旬節第1主日の聖書と説教の記事一覧はこちら

灰の水曜日(A年)  四旬節第2主日(A年)

3月
8
四旬節第2主日(A年)<カトリック教会の典礼暦>2020年3月8日
3月 8 全日

カトリックの暦(典礼歴)

四旬節第2主日【3月8日】聖書の朗読箇所

第1朗読
創世記12・1~4a 主はアブラムに言われた。「あなたは生まれ故郷父の家を離れてわたしが示す地に行きなさい。わたしはあなたを大いなる国民にしあなたを祝福し、あなたの名を高める・・・
第2朗読
Ⅱテモテ1・8b~10 〔愛する者よ、〕神の力に支えられて、福音のためにわたしと共に苦しみを忍んでください。神がわたしたちを救い、聖なる招きによって呼び出して・・・
福音
マタイ17・1~9
四旬節第2主日:イエスの姿が変わり、顔は太陽のように輝き、服は光のように白くなった。
四旬節第2主日(A年)の聖書=マタイ17・1~9 六日の後、イエスは、ペトロ、それにヤコブとその兄弟ヨハネだけを連れて、高い山に登られた。イエスの姿が彼らの目の前で変わり、顔は太陽のように輝き、服は光のように白くなった。見ると、モーセとエリヤが現れ、イエスと語り合っていた。ペトロが口をはさんでイエスに言った。

四旬節第2主日の聖書と説教の記事一覧はこちら

四旬節第1主日(A年)  四旬節第3主日(A年)

 

電子教会をチェック

カテゴリ別の最新(人気)記事

日曜日の聖書

今週の聖書

カトリック教会の日曜日のミサで朗読される聖書を毎週木曜日の夕方更新。ページでは日曜日ごとにそれぞれの福音書に基づいた説教へのリンクもあります。また3年周期のA年、B年、C年を簡単に比較・閲覧できるように工夫しています。

人気記事

年間第8主日:あなたは、なぜ自分の目の中の丸太に気づかないのか
復活の主日/イースター:二人の弟子は墓に入って、空の状態を見て、信じた。
年間第7主日:人にしてもらいたいと思うことを、人にもしなさい

日曜日の聖書のページへ

日曜日の説教

2019年Fr.YASUアイキャッチ

カトリック教会の日曜日のミサ説教。原則として3日前の木曜日の夕方に更新しています。説教者はカトリック鹿児島司教区のFr.YASUさん。説教の内容は、その主日の聖書(福音書)に基づいていますので、聖書へのリンクがあります。

新着記事

年間第7主日:自分の限界を知る時、神に向かう素直な自分を見つける
年間第6主日:イエスに対する誤解、それは人生の本末転倒への誘導口
年間第5主日:ダメな自分に目覚めることが神の働きかけを容易にする

日曜日の説教のページへ

「826村」からのお知らせ

このサイトの管理人
yaziro

このサイトの運営者yaziro(ヤジロー)です。
カトリック教会のこと、デジタルのことに関心を持つ還暦世代です。
yaziroの名は、1549年聖フランシスコ・ザビエルを鹿児島に案内してきた薩摩の人・ヤジローに由来しています。

yaziroをフォローする

お知らせ①

yaziro3
yaziro

11月11日(日)夕方になんとか、サイトリニューアルを終えることができました。作業中は体裁が目まぐるしく変わるなどご不便をおかけしたことでしょうが、作業終了後はそれなりに見栄えが良くなり、利便性も向上したかと思います。

お知らせ②

当初、ページ中段にカトリックカレンダーを挿入しましたが、、、
体裁をもう少しスッキリできないか?と考え、結局は最上部に直近の3つだけを掲載することにしました。
カレンダーページはこちらです。

お知らせ③

ヘッダーの写真は、奄美大島北部の打田原(うったばる)海岸です。【2018年10月撮影】
最初に訪れた45年前とは少し様子が変わっていましたが、それでも!きれいな砂浜と人が近寄りがたい山の自然は健在でした。

タイトルとURLをコピーしました