『年間第3主日』の聖書と説教一覧はこちら

教会のITサポート:826村とは

この記事は約3分で読めます。

826村のテーマは、インターネット教会(電子教会)の研究です。デジタル技術の活用法を研究しながら、聖書とカトリックの教えをネット上で分かち合う方法を模索しています。

  カトリック教会の典礼暦です
2月
9
年間第5主日(A年)<カトリック教会の典礼暦>2020年2月9日
2月 9 全日

カトリックの暦(典礼歴)

年間第5主日【2月9日】聖書の朗読箇所

第1朗読
イザヤ58・7~10 飢えた人にあなたのパンを裂き与え さまよう貧しい人を家に招き入れ 裸の人に会えば衣を着せかけ 同胞に助けを惜しまないこと。そうすれば、あなたの光は曙のように射し出で・・・
第2朗読
Ⅰコリント2・1~5 兄弟たち、わたしもそちらに行ったとき、神の秘められた計画を宣べ伝えるのに優れた言葉や知恵を用いませんでした。なぜなら、わたしは・・・
福音
マタイ5・13~16
年間第5主日:あなたがたは地の塩である。塩に塩気がなくなれば役に立たない
年間第5主日(A年)の福音=マタイ5・13~16 「あなたがたは地の塩である。だが、塩に塩気がなくなれば、その塩は何によって塩味が付けられよう。もはや、何の役にも立たず、外に投げ捨てられ、人々に踏みつけられるだけである。

年間第5主日の聖書とメッセージはこちらです

主の奉献(A年)  年間第6主日(A年)

2月
16
年間第6主日(A年)<カトリック教会の典礼暦>2020年2月16日
2月 16 全日

カトリックの暦(典礼歴)

年間第6主日【2月16日】聖書の朗読箇所

第1朗読
シラ15・15~20 その意志さえあれば、お前は掟を守り、 しかも快く忠実にそれを行うことができる。主は、お前の前に火と水を置かれた・・・
第2朗読
Ⅰコリント2・6~10 〔みなさん、〕わたしたちは、信仰に成熟した人たちの間では知恵を語ります。それはこの世の知恵ではなく、また、この世の滅びゆく支配者・・・
福音
マタイ5・17~37
年間第6主日:わたしが来たのは律法や預言者を廃止するためではなく、完成するためである
年間第6主日(A年)の聖書=マタイ5・17~37〔そのとき、イエスは弟子たちに言われた。〕  「わたしが来たのは律法や預言者を廃止するためだ、と思ってはならない。廃止するためではなく、完成するためである。

年間第6主日の聖書とメッセージはこちらです

年間第5主日(A年)  年間第7主日(A年)

 

電子教会をチェック

カテゴリ別の最新(人気)記事

日曜日の聖書

今週の聖書

カトリック教会の日曜日のミサで朗読される聖書を毎週木曜日の夕方更新。ページでは日曜日ごとにそれぞれの福音書に基づいた説教へのリンクもあります。また3年周期のA年、B年、C年を簡単に比較・閲覧できるように工夫しています。

人気記事

年間第8主日:あなたは、なぜ自分の目の中の丸太に気づかないのか
復活の主日/イースター:二人の弟子は墓に入って、空の状態を見て、信じた。
年間第7主日:人にしてもらいたいと思うことを、人にもしなさい

日曜日の聖書のページへ

日曜日の説教

2019年Fr.YASUアイキャッチ

カトリック教会の日曜日のミサ説教。原則として3日前の木曜日の夕方に更新しています。説教者はカトリック鹿児島司教区のFr.YASUさん。説教の内容は、その主日の聖書(福音書)に基づいていますので、聖書へのリンクがあります。

新着記事

年間第3主日:イエスの業を引き継いでいる「わたし」は、今「やる気」があるか
年間第2主日:神に呼ばれた者として、人々に何を語り、伝え、見せているのか
主の洗礼:神が準備された「自分の姿」に向かうとき、己の個性が輝く

日曜日の説教のページへ

「826村」からのお知らせ

このサイトの管理人
yaziro

このサイトの運営者yaziro(ヤジロー)です。
カトリック教会のこと、デジタルのことに関心を持つ還暦世代です。
yaziroの名は、1549年聖フランシスコ・ザビエルを鹿児島に案内してきた薩摩の人・ヤジローに由来しています。

yaziroをフォローする

お知らせ①

yaziro3
yaziro

11月11日(日)夕方になんとか、サイトリニューアルを終えることができました。作業中は体裁が目まぐるしく変わるなどご不便をおかけしたことでしょうが、作業終了後はそれなりに見栄えが良くなり、利便性も向上したかと思います。

お知らせ②

当初、ページ中段にカトリックカレンダーを挿入しましたが、、、
体裁をもう少しスッキリできないか?と考え、結局は最上部に直近の3つだけを掲載することにしました。
カレンダーページはこちらです。

お知らせ③

ヘッダーの写真は、奄美大島北部の打田原(うったばる)海岸です。【2018年10月撮影】
最初に訪れた45年前とは少し様子が変わっていましたが、それでも!きれいな砂浜と人が近寄りがたい山の自然は健在でした。

タイトルとURLをコピーしました