『復活節第6主日』の聖書と説教はこちら

この記事は約4分で読めます。

826村のテーマは、インターネット教会(電子教会)の研究です。デジタル技術の活用法を研究しながら、聖書とカトリックの教えをネット上で分かち合う方法を模索しています。

  カトリック教会の典礼暦です
5月
22
復活節第6主日(C年)<カトリック教会の典礼暦>2022年5月22日
5月 22 終日

カトリックの暦(典礼歴)

復活節第6主日【5月22日】聖書の朗読箇所

第1朗読
使徒言行録15・1-2、22-29 そのころ、ある人々がユダヤからアンティオキアに下って来て、「モーセの慣習に従って割礼を受けなければ、あなたがたは救われない」と兄弟たちに教えていた。それで、パウロやバルナバとその人たちとの間に、激しい意見の対立と論争が生じた。
第2朗読
黙示録21・10-14、22-23 一人の天使が、〝霊〟に満たされたわたしを大きな高い山に連れて行き、聖なる都エルサレムが神のもとを離れて、天から下って来るのを見せた。都は神の栄光に輝いていた。その輝きは、最高の宝石のようであり、透き通った碧玉のようであった。
福音
ヨハネ14・23~29
復活節第6主日:わたしは、平和をあなたがたに残し、わたしの平和を与える
復活節第6主日(C年)の聖書=ヨハネ14・23~29 「わたしを愛する人は、わたしの言葉を守る。わたしの父はその人を愛され、父とわたしとはその人のところに行き、一緒に住む。・・・」

“復活節第6主日”の聖書と説教の記事一覧はこちら

復活節第5主日(C年)  主の昇天(C年)

5月
29
主の昇天(C年)<カトリック教会の典礼暦>2022年5月29日
5月 29 終日

カトリックの暦(典礼歴)

主の昇天【5月29日】聖書の朗読箇所

第1朗読
使徒言行録1・1-11 テオフィロさま、わたしは先に第一巻を著して、イエスが行い、また教え始めてから、お選びになった使徒たちに聖霊を通して指図を与え、天に上げられた日までのすべてのことについて書き記しました。…
第2朗読
ヘブライ9・24-28、10・19-23 キリストは、まことのものの写しにすぎない、人間の手で造られた聖所にではなく、天そのものに入り、今やわたしたちのために神の御前に現れてくださったのです。また、キリストがそうなさったのは、大祭司が年ごとに自分のものでない血を携えて聖所に入るように…
福音
ルカ24・46~53
主の昇天:イエスは、弟子たちを祝福しながら、天に上げられた
主の昇天(C年)の福音=ルカ24・46~53 〔そのとき、イエスは弟子たちに〕言われた。「聖書には次のように書いてある。『メシアは苦しみを受け、三日目に死者の中から復活する。また、罪の赦しを得させる悔い改めが、その名によってあらゆる国の人々に宣べ伝えられる』と。

“主の昇天”の聖書と説教の記事一覧はこちら

復活節第6主日(C年)  聖霊降臨(C年)

6月
5
聖霊降臨/ペンテコステ(C年)<カトリック教会の典礼暦>2022年6月5日
6月 5 終日

カトリックの暦(典礼歴)

聖霊降臨【6月5日】聖書の朗読箇所

第1朗読
使徒言行録2・1-11 五旬祭の日が来て、一同が一つになって集まっていると、突然、激しい風が吹いて来るような音が天から聞こえ、彼らが座っていた家中に響いた。そして、炎のような舌が分かれ分かれに現れ…
第2朗読
ローマ8・8-17 〔皆さん、〕肉の支配下にある者は、神に喜ばれるはずがありません。神の霊があなたがたの内に宿っているかぎり、あなたがたは、肉ではなく霊の支配下にいます。キリストの霊を持たない者は、キリストに属していません。
福音
ヨハネ14・15~16、23b~26
聖霊降臨:父が遣わす聖霊が、あなたがたにすべてのことを教えてくれる
聖霊降臨(C年)の聖書=ヨハネ14・15~16、23b~26 「あなたがたは、わたしを愛しているならば、わたしの掟を守る。わたしは父にお願いしよう。父は別の弁護者を遣わして、

“聖霊降臨”(ペンテコステ)の聖書と説教の記事一覧はこちら

主の昇天(C年)  三位一体(C年)

 

電子教会をチェック

カテゴリ別の最新(人気)記事

日曜日の聖書

聖家族(C年)の聖書

カトリック教会の日曜日のミサで朗読される聖書を毎週木曜日の夕方更新。ページでは日曜日ごとにそれぞれの福音書に基づいた説教へのリンクもあります。また3年周期のA年、B年、C年を簡単に比較・閲覧できるように工夫しています。

新着記事

復活節第6主日:わたしは、平和をあなたがたに残し、わたしの平和を与える
復活節第5主日:新しい掟⇒わたしが愛したように互いに愛し合いなさい
聖金曜日:イエスは、頭を垂れて息を引き取られた。(ヨハネ19・30)

日曜日の聖書のページへ

日曜日の説教

聖家族(C年)の説教

カトリック教会の日曜日のミサ説教。原則として3日前の木曜日の夕方に更新しています。説教者はカトリック鹿児島司教区のFr.YASUさん。説教の内容は、その主日の聖書(福音書)に基づいていますので、聖書へのリンクがあります。

新着記事

復活節第6主日:人生は交わりの積み重ね、聖霊の働きかけを重ねよう
復活節第5主日:今の時代だからこそ必要とされる愛、その愛の根拠はどこに?
復活節第4主日:自分が置かれた立場でそれぞれ「和」の関りを

日曜日の説教のページへ

アキラさんの絵手紙

絵手紙は、さいたまから送られてきます。敬虔なクリスチャンであるアキラさんの世界観を表す独特の文章は絵手紙をいっそう味わい深いものにしています。

人気記事

ゴーヤのおかげ?なんとか夏をのりきる--アキラさんの絵手紙2016
小さな桜餅、このスタイルだと道明寺?--アキラさんの絵手紙2016
退職後散歩の道に二度の冬--アキラさんの絵手紙2016

アキラさんの絵手紙へ

「826村」からのお知らせ

このサイトの管理人
yaziro

このサイトの運営者yaziro(ヤジロー)➡ カトリック教会のこと、デジタルのことに関心を持つ iPhone 好きジイジです。
最近はWordPress、Line、Web会議システム、YoutubeやOBSの活用法に没入中!
yaziroの名は、1549年聖フランシスコ・ザビエルを鹿児島に案内してきた薩摩の人・ヤジローにあやかっています。

yaziroをフォローする

お知らせ①

yaziro3
yaziro

11月11日(日)夕方になんとか、サイトリニューアルを終えることができました。作業中は体裁が目まぐるしく変わるなどご不便をおかけしたことでしょうが、作業終了後はそれなりに見栄えが良くなり、利便性も向上したかと思います。

お知らせ②

当初、ページ中段にカトリックカレンダーを挿入しましたが、、、
体裁をもう少しスッキリできないか?と考え、結局は最上部に直近の3つだけを掲載することにしました。
カレンダーページはこちらです。

お知らせ③

ヘッダーの写真は、奄美大島北部の打田原(うったばる)海岸です。【2018年10月撮影】
最初に訪れた45年前とは少し様子が変わっていましたが、それでも!きれいな砂浜と人が近寄りがたい山の自然は健在でした。

タイトルとURLをコピーしました