年間第28主日:今の自分に欠けているものは?環境はそっと語りかけている

2018年/B年説教=神への道標
「神への道標」

今のわたしたちの環境はどうでしょう。良いも悪いも、生かしていける創意工夫が、「わたし」の中にあるでしょうか。答えは、日々生きている「日常」現場の中にあります。ノーベル賞の喜びにも、自然被災の悲しみにも、「永遠をめざした」メッセージが、一人ひとりに投げかけられています。

年間第27主日:すべては基礎から始まり、長い年月を経て実り熟する

2018年/B年説教=神への道標
「神への道標」

ノーベル賞を受賞した医学の「基礎研究」は長い年月の先に、その実りが熟しました。わたしたち自身も、目の前のことだけにとらわれず、「人として、信仰者として」の生き方の基本(自分らしさ)を、しっかりと築き、そのための時をかけたいですね。

年間第26主日:改革は小さい事から始まる。まずは心と意識の変革が大事

2018年/B年説教=神への道標
「神への道標」

「改革」は、形も大事ですが、先ずは、心、意識の変革から始まるのではないでしょうか。制度をいじるのも結構ですが、いじる人の心はどうなんでしょう。大きな変革は、小さなことから始まります。一滴の水が集まって大海原となります。時をかけて、時を大事に「しもべ」になられたイエスさまについて行きましょう。

年間第25主日:偉大な人、魅力的な人は、自分の過ちに目をつぶらない

2018年/B年説教=神への道標
「神への道標」

わたしたちの「人間」としての魅力は、神からの裏付けがあって初めて、真の魅力になっていくのでしょう。わたしたちの信仰者としての内面的、外面的な怠慢生活も、もしあるとすれば、正直に見つめ、認めることによって新たな道が開けます。

年間第23主日:二千年前の人々の心で「奇跡」を眺め、捉えてみたい

2018年/B年説教=神への道標
「神への道標」

2000年前に生きていた人々の心で「奇跡」を眺め、捉える必要があるでしょう。すると、奇跡の中に込められたメッセージを読み取ることができるのでは・・。イエスさまが歩まれた道のりは、異邦人の地と言われていた町々です。そこの人々に新たな希望をお与えになります。

祈りを中心に抱く「山上の説教」第2講—竹山昭神父の2018年夏期講座

カトリックの教え
竹山昭神父

①マタイの聴衆(マタイ5:1)とルカにおける聴衆の違い(ルカ6:20) ②「八つの幸いの」全体の構成と表現の特徴⇒現在のマタイ版はマタイによるまとめ(創作とは違う)。この表現から、八つの幸いは、いわば将来の約束、希望を語っている。 ③八つの幸いの大意---「霊において貧しい人は幸い」が八つの幸いの根底に共通。

年間第21主日:イエスの人格に惚れ、委ねる。信仰者の生きる姿がそこにある

2018年/B年説教=神への道標
「神への道標」

徹底的に自分を変革したいなら、その人の「人格」にかけることです。委ねることです。「信じている」からこそ理解し、変えられ、納得できる歩みができます。そのような人を、誰でも「尊敬できる人」として持っているのではないでしょうか。

年間第20主日:「食べる・飲む」それは互いに一つであることのしるし

2018年/B年説教=神への道標
「神への道標」

「イエスの肉を食べる、血を飲む」という表現の中に込められていることは、一人ひとりの生き方がイエスの心に合わさって一つになることが求められている!ということ。イエスの十字架上での死は、わたしたちのためであることをしっかりと自覚しましょう。

ページの先頭へ