『年間第30主日』の聖書と説教はこちら

この記事は約4分で読めます。

826村のテーマは、インターネット教会(電子教会)の研究です。デジタル技術の活用法を研究しながら、聖書とカトリックの教えをネット上で分かち合う方法を模索しています。

  カトリック教会の典礼暦です
10月
31
年間第31主日(B年)<カトリック教会の典礼暦>2021年10月31日
10月 31 終日

カトリックの暦(典礼歴)

年間第31主日【10月31日】聖書の朗読箇所

第1朗読
申命記6・2-6 〔モーゼは民に言った。〕あなたもあなたの子孫も生きている限り、あなたの神、主を畏れ、わたしが命じるすべての掟と戒めを守って長く生きるためである。イスラエルよ、あなたはよく聞いて、・・・
第2朗読
ヘブライ7・23-28 〔皆さん、〕レビの系統の祭司たちの場合には、死というものがあるので、務めをいつまでも続けることができず、多くの人たちが祭司に任命されました。しかし、イエスは永遠に生きているので、・・・
福音
マルコ12・28b~34
年間第31主日: 心を尽くし、力を尽くしてあなたの神である主を愛しなさい
年間第31主日(B年)の聖書=マルコ12・28b~34 「あらゆる掟のうちで、どれが第一でしょうか。」イエスはお答えになった。「第一の掟は、これである。『イスラエルよ、聞け、わたしたちの神である主は、唯一の主である。 心を尽くし、精神を尽くし、思いを尽くし、力を尽くして、あなたの神である主を愛しなさい。』

年間第31主日の聖書と説教(メッセージはこちら

年間第30主日(B年)  年間第32主日(B年)

11月
2
死者の日<カトリック教会の典礼暦>毎年11月2日
11月 2 終日

カトリックの暦(典礼歴)

死者の日【11月2日】聖書の朗読箇所

第1朗読
知恵3・1~6、9 神に従う人の魂は神の手で守られ、もはやいかなる責め苦も受けることはない。愚か者たちの目には彼らは死んだ者と映り、この世からの旅立ちは災い、自分たちからの離別は破滅に見えた…
または、
ローマ8・31b~35、37~39〔みなさん、〕もし神がわたしたちの味方であるならば、だれがわたしたちに敵対できますか。わたしたちすべてのために…
または、
黙示21・1~5a、6b~7  わたしヨハネはまた、新しい天と新しい地を見た。最初の天と最初の地は去って行き、もはや海もなくなった。更にわたしは…
福音
ヨハネ6・37~40 〔そのとき、イエスは人々に言われた。〕「父がわたしにお与えになる人は皆、わたしのところに来る。わたしのもとに来る人を、わたしは決して追い出さない…
死者の日:父の御心は、子を見て信じる者が皆永遠の命を得ることである。
死者の日の福音=ヨハネ6・37~40 〔そのとき、〕イエスは人々に言われた。 「父がわたしにお与えになる人は皆、わたしのところに来る。わたしのもとに来る人を、わたしは決して追い出さない。わたしが天から降って来たのは、自分の意志を行うためではなく、わたしをお遣わしになった方の御心を行うためである。

 

死者の日:教皇「神への信頼こそがキリスト者の希望」 - バチカン・ニュース
カトリック教会の暦は、11月2日、死者の日を記念した。

 

内赦院:死者のための全免償、11月のすべての期間に拡大 - バチカン・ニュース
死者のための全免償が、今年は、パンデミック危機のために、信心業の実践上の状況と信者たちの安全を考慮し、11月中全体にわたり得られることになった。
11月
7
年間第32主日(B年)<カトリック教会の典礼暦>2021年11月7日
11月 7 終日

カトリックの暦(典礼歴)

年間第32主日【11月7日】聖書の朗読箇所

第1朗読
列王記上17・10-16  その日、預言者エリヤは立ってサレプタに行った。町の入り口まで来ると、一人のやもめが薪を拾っていた。エリヤはやもめに声をかけ、「器に少々水を持って来て、わたしに飲ませてください」と言った。…
第2朗読
ヘブライ9・24-28  キリストは、まことのものの写しにすぎない、人間の手で造られた聖所にではなく、天そのものに入り、今やわたしたちのために神の御前に現れてくださったのです。…
福音
マルコ12・38~44
年間第32主日:貧しいやもめは、賽銭箱にだれよりもたくさん入れた
年間第32主日(B年)の聖書=マルコ12・38~44 〔そのとき、〕イエスは教えの中でこう言われた。「律法学者に気をつけなさい。彼らは、長い衣をまとって歩き回ることや、広場で挨拶されること、

年間第32主日の聖書と説教一覧はこちら

年間第31主日(B年)  年間第33主日(B年)

 

電子教会をチェック

カテゴリ別の最新(人気)記事

日曜日の聖書

復活節第2主日(B年)の聖書

カトリック教会の日曜日のミサで朗読される聖書を毎週木曜日の夕方更新。ページでは日曜日ごとにそれぞれの福音書に基づいた説教へのリンクもあります。また3年周期のA年、B年、C年を簡単に比較・閲覧できるように工夫しています。

新着記事

年間第30主日:「ダビデの子イエスよ、わたしを憐れんでください」
死者の日:父の御心は、子を見て信じる者が皆永遠の命を得ることである。
年間第29主日:人の子は、多くの人のために自分の命を捧げるために来た

日曜日の聖書のページへ

日曜日の説教

復活節第2主日(B年)の説教

カトリック教会の日曜日のミサ説教。原則として3日前の木曜日の夕方に更新しています。説教者はカトリック鹿児島司教区のFr.YASUさん。説教の内容は、その主日の聖書(福音書)に基づいていますので、聖書へのリンクがあります。

新着記事

年間第30主日:「わたし」に向けられているイエスの優しさに触れ、感じたい
年間第29主日:神を求める心をノーベル賞受賞者の「好奇心」に倣いたい
年間第28主日:神を知る人、知らない人、双方に共通する難敵は「生ぬるさ」

日曜日の説教のページへ

アキラさんの絵手紙

絵手紙は、さいたまから送られてきます。敬虔なクリスチャンであるアキラさんの世界観を表す独特の文章は絵手紙をいっそう味わい深いものにしています。

人気記事

ゴーヤのおかげ?なんとか夏をのりきる--アキラさんの絵手紙2016
小さな桜餅、このスタイルだと道明寺?--アキラさんの絵手紙2016
花咲く(はなわらう)令和の首相会見---アキラさんの絵手紙2019

アキラさんの絵手紙へ

「826村」からのお知らせ

このサイトの管理人
yaziro

このサイトの運営者yaziro(ヤジロー)➡ カトリック教会のこと、デジタルのことに関心を持つ iPhone 好きジイジです。
最近はWordPress、Line、Web会議システム、YoutubeやOBSの活用法に没入中!
yaziroの名は、1549年聖フランシスコ・ザビエルを鹿児島に案内してきた薩摩の人・ヤジローにあやかっています。

yaziroをフォローする

お知らせ①

yaziro3
yaziro

11月11日(日)夕方になんとか、サイトリニューアルを終えることができました。作業中は体裁が目まぐるしく変わるなどご不便をおかけしたことでしょうが、作業終了後はそれなりに見栄えが良くなり、利便性も向上したかと思います。

お知らせ②

当初、ページ中段にカトリックカレンダーを挿入しましたが、、、
体裁をもう少しスッキリできないか?と考え、結局は最上部に直近の3つだけを掲載することにしました。
カレンダーページはこちらです。

お知らせ③

ヘッダーの写真は、奄美大島北部の打田原(うったばる)海岸です。【2018年10月撮影】
最初に訪れた45年前とは少し様子が変わっていましたが、それでも!きれいな砂浜と人が近寄りがたい山の自然は健在でした。

タイトルとURLをコピーしました