『年間第25主日』の聖書と説教一覧はこちら

教会のITサポート:826村とは

この記事は約3分で読めます。

826村のテーマは、インターネット教会(電子教会)の研究です。デジタル技術の活用法を研究しながら、聖書とカトリックの教えをネット上で分かち合う方法を模索しています。

  カトリック教会の典礼暦です
9月
27
年間第26主日(A年)<カトリック教会の典礼暦>2020年9月27日
9月 27 全日
10月
4
年間第27主日(A年)<カトリック教会の典礼暦>2020年10月4日
10月 4 全日

カトリックの暦(典礼歴)

年間第27主日【10月4日】聖書の朗読箇所

第1朗読
イザヤ5・1~7 わたしは歌おう、わたしの愛する者のためにそのぶどう畑の愛の歌を。わたしの愛する者は、肥沃な丘にぶどう畑を持っていた。よく耕して石を除き…
第2朗読
フィリピ4・6~9 〔みなさん、〕どんなことでも、思い煩うのはやめなさい。何事につけ、感謝を込めて祈りと願いをささげ、求めているものを神に打ち明けなさい…
福音
マタイ21・33~43
年間第27主日:主がなさる不思議なわざ、捨てられた石が隅の親石となった。
年間第27主日(A年)の福音=マタイ21・33~43 ある家の主人がぶどう園を作り、垣を巡らし、その中に搾り場を掘り、見張りのやぐらを立て、これを農夫たちに貸して旅に出た。さて、収穫の時が近づいたとき、収穫を受け取るために、僕たちを農夫たちのところへ送った。

年間第27主日の聖書と説教の記事一覧はこちら

年間第26主日(A年)  年間第28主日(A年)

10月
11
年間第28主日(A年)<カトリック教会の典礼暦>2020年10月11日
10月 11 全日

カトリックの暦(典礼歴)

年間第28主日【10月11日】聖書の朗読箇所

第1朗読
イザヤ25・6~10a 万軍の主はこの山で祝宴を開きすべての民に良い肉と古い酒を供される。それは脂肪に富む良い肉とえり抜きの酒。主はこの山ですべての民の顔を包んでいた布と…
第2朗読
フィリピ4・12~14、19~20 貧しく暮らすすべも、豊かに暮らすすべも知っています。満腹していても、空腹であっても、物が有り余っていても不足していても…
福音
マタイ22・1~14
404 NOT FOUND | 教会のITサポート:826村
826村のテーマは、インターネット教会(電子教会)の研究です。

年間第28主日の聖書と説教の記事一覧はこちら

年間第27主日(A年)  年間第29主日(A年)

 

電子教会をチェック

カテゴリ別の最新(人気)記事

日曜日の聖書

今週の聖書

カトリック教会の日曜日のミサで朗読される聖書を毎週木曜日の夕方更新。ページでは日曜日ごとにそれぞれの福音書に基づいた説教へのリンクもあります。また3年周期のA年、B年、C年を簡単に比較・閲覧できるように工夫しています。

新着記事

年間第25主日:最後に来た者にも、あなたと同じように支払ってやりたいのだ
年間第24主日:兄弟があなたに罪を犯したら、七の七十倍までも赦しなさい
年間第27主日:しもべが主人に命じられたことを果たすのは当然だ

日曜日の聖書のページへ

日曜日の説教

2020年Fr.YASUアイキャッチ

カトリック教会の日曜日のミサ説教。原則として3日前の木曜日の夕方に更新しています。説教者はカトリック鹿児島司教区のFr.YASUさん。説教の内容は、その主日の聖書(福音書)に基づいていますので、聖書へのリンクがあります。

新着記事

年間第25主日:神は人のみじめさに敏感、神の秤は人に対するあわれみ
年間第24主日:日常に生きている「わたし」の中に育つイエスの心
年間第23主日:一粒の砂のようであっても、神は「わたし」を気にかける

日曜日の説教のページへ

「826村」からのお知らせ

このサイトの管理人
yaziro

このサイトの運営者yaziro(ヤジロー)です。
カトリック教会のこと、デジタルのことに関心を持つ還暦世代です。
yaziroの名は、1549年聖フランシスコ・ザビエルを鹿児島に案内してきた薩摩の人・ヤジローに由来しています。

yaziroをフォローする

お知らせ①

yaziro3
yaziro

11月11日(日)夕方になんとか、サイトリニューアルを終えることができました。作業中は体裁が目まぐるしく変わるなどご不便をおかけしたことでしょうが、作業終了後はそれなりに見栄えが良くなり、利便性も向上したかと思います。

お知らせ②

当初、ページ中段にカトリックカレンダーを挿入しましたが、、、
体裁をもう少しスッキリできないか?と考え、結局は最上部に直近の3つだけを掲載することにしました。
カレンダーページはこちらです。

お知らせ③

ヘッダーの写真は、奄美大島北部の打田原(うったばる)海岸です。【2018年10月撮影】
最初に訪れた45年前とは少し様子が変わっていましたが、それでも!きれいな砂浜と人が近寄りがたい山の自然は健在でした。

タイトルとURLをコピーしました