『四旬節第3主日』の聖書と説教はこちら

2024年/B年の説教=あなたの言葉は「わたし」の道の光

2024年/B年の説教=あなたの言葉は「わたし」の道の光 2024年/B年の説教=あなたの言葉は「わたし」の道の光

カトリック典礼暦・2024年(2023年12月~2024年11月)は、主にマルコ福音書が朗読されるB年。

イエス・キリストは、2000年余り前に、わたしたち人間の世界に、「神の独り子」として登場しました。そして、当時の多くの人々に幾多の教えを説き、より人間らしい生き方へとわたしたちを招かれました。当時の人々からは、特に指導者階層のみなからは歓迎されませんでした。がしかし、民衆からは気持ちよく迎えられたのです。そして、イエスの言葉と業に多くの慰めと喜び、希望と救いの力を実感したのです。神の声だったからです。

その「み言葉」は今に受け継がれてきました。わたしたち人間が置かれている現場は、イエスの時代とはかなり違いますが、「み言葉」は今もなおわたしたちへの神からのメッセージであり、喜び希望、さらには救いへの力強い、温かい招きであり、混とんとした複雑な世界にあって、選択肢の多い中、より人間らしく生きる最善の道への神からの光であり、灯なのです。

毎日の営みの中で、神を聞いていますか、感じていますか、そして、神と語っていますか、・・・?

2024年/B年の説教=あなたの言葉は「わたし」の道の光

四旬節第3主日:イエスにごまかしは効かない!「わたしの伝家の宝刀」は?

イエスにとっておきの宝物は神へのひたむきな情熱です。イエスの武器は、貧しさの中で燃える神への愛、炎、安心できる場です。さて、信仰者であるわたしにとっての「わたしの伝家の宝刀」は果たして何でしょう。
2024年/B年の説教=あなたの言葉は「わたし」の道の光

四旬節第2主日:イエスの生きている世界は「わたし」に近いですか、遠いですか

「これに聞け」というおん父からの指示通り、ペトロはイエスの神秘に目を挙げます。イエスの生き方を学ぶことに専念するよう呼びかけられる中で、ペトロは少しずつ、変えられていきます。日ごろの積み重ねこそが大切です。
2024年/B年の説教=あなたの言葉は「わたし」の道の光

四旬節第1主日:イエスに倣って、四旬節は”信仰を鍛える機会”にしたい

今日の福音は、これから始まるイエス自身の道のりに向かうイエスの意気込みを感じます。霊の導きに身を任せ、人間的な自分を鍛え、ひたすら霊の導きに注目し、従っていく決意が、その行動に現されています。
2024年/B年の説教=あなたの言葉は「わたし」の道の光

年間第6主日:イエスの癒し、救いは、苦しさの中にこそ発見できる

人に相手にされないことほど、さびしいことはありません。体験した人、または今体験している人、いるのではないでしょうか。辛いけど、その寂しさ、苦しさにしっかりと向き合ってみましょう。見続けてみましょう。そこから道が開けます。
2024年/B年の説教=あなたの言葉は「わたし」の道の光

年間第5主日:神から出てきたイエスの使命は、「宣教する」こと。その中で、・・

イエスが来たのは、「宣教する」ためであって、奇跡は手段にすぎません。使命を遂行する中で、新たに力を得、幾多の困難を乗り越えて、救いの実現を成し遂げていかれました。わたしたちも「宣教する」中で力をいただきましょう多くの人々に、み言葉を告げ知らせる使命を受け継いでいます。
2024年/B年の説教=あなたの言葉は「わたし」の道の光

年間第4主日:「汚れた霊の追放」は、イエスの「権威ある教え」の具体例

イエスが教える「神の国の福音」は、イエスその人のうちに実現していて、イエスという存在がすでに「教え」だった。イエスは悪霊の支配を終わらせ、神の国の支配を告げる「神の聖者」。それゆえに、人々はイエスの中に、神の子の神秘を感じ取っていったのです。
2024年/B年の説教=あなたの言葉は「わたし」の道の光

年間第3主日:漁師たちはなぜ、網や家族を捨ててイエスに従ったのか?

イエスからの呼び出し・召命はとりもなおさず「わたし」の生き方の転換です。その本質となるのが神の介入であるとなれば、網や家族を捨てるのが重要ではなく、何かを捨てたくなるほどに神に「見られてしまい、呼ばれた」ということが肝心なことになります。
2024年/B年の説教=あなたの言葉は「わたし」の道の光

年間第2主日:主のみ言葉の伝播は、「わたしの居場所」への招待状

今のわたしたちは、後世に語り継いでいく役割を負っています。「自分の居場所を見つけたもの」として、喜びの分かち合いをしていくのです。多くの人に真の居場所を見つけてほしいからです。自信をもって、力強く、でも、謙虚にお招きしましょう。
2024年/B年の説教=あなたの言葉は「わたし」の道の光

主の公現:他者に気配りするように、神からの働きかけに気を配ってみたい

神の導きは不思議なものです。博士たちの問いを聞いたときに、ヘロデは怒るどころか、むしろその場所を教えて送り出すのです。彼らと一緒に行って、イエスを亡き者にすることも簡単にできたはずなのに。これが神の救いのなさり方です。
2024年/B年の説教=あなたの言葉は「わたし」の道の光

聖家族:「子は神の賜物」とみることができれば、その喜びは大きく広がる

イエスの人となりは、マリアとヨセフに負うところ大です。やさしさ、温かな配慮する心、微笑み等、すべてが親から引き継がれているものでしょう。子どもにとっては、親の、大人の一挙手一投足が全て、生きるための「生き字引」であり、エネルギーなのです。
2024年/B年の説教=あなたの言葉は「わたし」の道の光

待降節第4主日:世界の救いと平和のために、「わたし」は神とともにいる

「恵み」というのは、どのようなものなんでしょう。それは「主があなたと共におられる」ことなのです。恵みというのが「もの」ではなく、「かかわり」方に重きが置かれていることに注目したいものです。
2024年/B年の説教=あなたの言葉は「わたし」の道の光

待降節第3主日:イエスの証しは、日々「わたし」の身近なところで

わたしたちの社会では、何が証しされているのか、その中身を自分の利害関係の中で判断し、行動してはいませんか。どうしても弱さを身に帯びている存在だからでしょうか。まずは、それを克服したいものです。
2024年/B年の説教=あなたの言葉は「わたし」の道の光

待降節第2主日:『悔い改め』は生きる姿勢の転換。その難題を可能にするには

日常わたしたちが言う「悔い改め」とは何を意味しているのでしょう。「人としてあるべき道」へ戻ることでしょうか。だとすれば、そもそも「あるべき道」とは何なんでしょうか。
2024年/B年の説教=あなたの言葉は「わたし」の道の光

B年最初の説教は、11/30(木)17:00公開予定です

新しい典礼歴・B年が始まります。 12月3日(待降節第1主日)B年最初の説教は、11月30日(木)17:00公開予定で準備しています。 公開まで、今しばらくお待ち願います。
2024年/B年の説教=あなたの言葉は「わたし」の道の光

待降節第1主日:受け継がれた信仰の遺産、希望を、今に、生かし続けるには

クリスマスの祭りが意味しているメインは「救いの時がやってくる」ということです。救いの時がやってくるという確信は、旧約の人々の心に深く焼きついていました。どんなに無視されても、希望を失くしそうになっても、その確信は揺らぐことがなかったのです。
タイトルとURLをコピーしました