『年間第19主日』の聖書と説教一覧はこちら

待降節第3主日

2020年/A年説教=応えていますか、いつも

待降節第3主日:便利な生活の中でも、信仰者としての自分を確立したい

時代は変遷しても、イエスの救いの業は時を超えて続けられます。生活が便利、豊かになっていくのは善いことですが、表に見える安易さの陰に、隠れて見えない人間本来の生きていく姿は常に保持し、伸ばしていきたいものです。
2019年/C年説教=召ばれています、いつも

待降節第3主日:救い主に会うために、日々の生活をもっと大事に生きる

ヨハネは意外や意外、生活に則した「行」を行いなさいといいます。しかも、その人が置かれている今の仕事、立場に応じたことを行うようにと勧めます。身近な「隣人愛」の実践です。生きる具体的な現場での思いやり、いたわり合いを実践しなさいと。
2018年/B年説教=神への道標

待降節第3主日: 神の前に自己開示を!神は既に恵みを注がれている

謙虚に神の前に自己を開いてみましょう。神はわたしたち自身が気づかないうちに、すでに、わたしたちに恵みを注がれています。わたしたちはそのことに目覚めるだけです。
2013年/C年説教=寄り添うイエス

待降節第3主日:「救われるためには、どんなことでもします」と言う覚悟

それぞれの置かれた環境に応じて、やさしさ、思いやり、いたわりあいを勧めています。一言でいえば、実生活の中での隣人愛の実践、これがイエスさまと出会う最高の準備であると今日の福音は伝えています。
2015年/B年説教=イエスのこころ

待降節第3主日:一人ひとりの中にある「宗教心」にもっと目覚めましょう

「あなたの人生を一言でいうと、・・」と問われたら、何と答えますか。答えに、挑戦してみるのもいいのではないでしょうか。そこに、いつも希望と信頼を増大させ、後世への「あかし」としていきましょう。
2016年/C年説教=神のぬくもり

待降節第3主日:隣人愛の実践。心の扉を開いてクリスマスの準備を

ヨハネは誰にでもできるごく普通なことを示します。「二枚の上着を持つ者は、持たない者に分け与えなさい。」生きる場で、神のいつくしみを背景に、隣人へのやさしさ、思いやりを実践しなさい、というわけです。
2017年/A年説教=神のふところ

待降節第3主日:主の訪れ(キリスト誕生)は、何事にも代えがたい究極の「喜び」です

「主にあってよろこべ」とは、その喜びは絶えることがないからパウロは叫び続けるのです。神の訪れをまことの喜びにできていますか。共に、そう叫び続けられるようでありたいですね。
2011年/A年説教=神のみことば

待降節第3主日:神の訪れを心底喜べる人は自分の無力さ、貧しさを知る人

「主においてよろこべ」と、パウロは呼びかけます。病人が医者にわが身を任せきる度合いによって、よろこびに強弱があるように、神の訪れを心底よろこべる人は、自分の無力さ、貧しさを知る人であるといえます。
2014年/A年説教=神のたしかさ

待降節第3主日:子どもの頃「よろこびの主日」と言われていました

今日のみことばは、ヨハネを通して真の喜びへの神からの招きです。「よろこびおどれ」というパウロの叫びも、イエスさまの癒しも、人間のもろさの中で、人間をみたしてくれる唯一の神の支えです。
2012年/B年説教=主との出会い

待降節第3主日:あなたがたの中に、あなたがたの知らない人が立っている

ヨハネが叫んでいるのは、人々の中に神の姿が消えかけていることを察して、わたしたちに一人ひとりに向かって呼びかけているのです。現代の砂漠に潤いを与えていただきましょう。
タイトルとURLをコピーしました