教会生活

826ブログ

カトリック教会の典礼【灰の水曜日】に使う灰の作り方

灰の水曜日の2~3週間前から呼びかけて枝を回収し、直前の日曜日に灰を作る。1年に一度しか出番がない専用のコンロの中に枝を入れ着火。前年の枝は完全に乾燥していて勢い良く燃えるので、適量を何回かに分けて入れること。枝が全部燃え尽き、炎が落ちたらコンロが冷めるのを待ち、コンロが冷めたらスプーンもしくはお玉で灰をかき集めて茶こしなどで灰を濾す----
826ブログ

聖金曜日はことばの典礼、十字架の礼拝、交わりの儀の3部構成

聖金曜日(主の受難)の典礼祭儀は、普段とは全く違っている。まず祭壇の飾りがない。入祭の歌もない中、神父さんは赤い祭服をつけて静かに入堂し、祭壇の前でひざまずくか伏臥してしばらく沈黙の祈りをささげる。その後祭壇から会衆席に向かっていつもの「祈りましょう」の招きもなく、祈願を唱える。
826ブログ

聖香油(司祭職制定記念)のミサには教区内のほぼ全司祭が参加する

カトリック教会では、今週は聖週間。そして今日は、聖木曜日。 聖香油ミサの初体験!---2014年 聖木曜日の午前中は、教区内のほとんどの神父さんたちがカテドラルに集まり司教を囲んで『聖香油のミサ』を捧げることは知っていたが、これまで与っ...
826ブログ

ご聖体を一人ぼっちにしないで!第一木曜日の朝ミサ後12時間の聖体顕示を計画

『主にささげる24時間』締めくくりミサの説教で、郡山司教は「4月から第一木曜日は大勢の方が参加できるように、朝6:30のミサは主聖堂で行い、その後18:30まで聖体を顕示したい。」
カトリック教会の日曜日の説教

司祭が魂をこめる日曜日の説教は、時空を超えて多くの人に届けたい

仕事や家庭の環境など諸々の事情で日曜日に教会に行くことができない方々を意識して、せめて日曜日の説教に触れてもらいたいと考えて作ったのがこのコーナーの始まりだった。
826ブログ

灰の水曜日:司祭「回心して福音を信じなさい」信者「アーメン」

灰の水曜日のミサに与ることができなかった方がこのエントリーに遭遇し、せめて雰囲気だけでも思い出して下さったら幸い。もしかして!来年は参加しようという気持ちが少しでも起きたらなお嬉しい。
826ブログ

復活祭が誕生日と重なって、教会学校の子供たちからサプライズの祝い!

2015年の復活祭は4月5日。その日は、おりしも私の誕生日。ミサ後、教会のみんなで花見を兼ねた遠足に行くはずだったが、天候不順のために教会2階での宴。思いがけずも、教会学校の子供たちからサプライズのお祝いをしてもらい、感激しきりだった。
826ブログ

【カトリック教会の典礼暦】2016年の復活祭は3月27日

復活祭を中心に毎年移動するカトリック教会の移動祭日についての情報と、カトリック典礼の頂点である「主の復活」の聖書やメッセージ(説教)のリンクを掲載しています。
826ブログ

日曜日に大雪で交通がマヒ!それでもミサに参加するのが信者の義務か?

「何があっても日曜日のミサを休んではならない。もし、日曜日のミサに参加できない時は、主任司祭にその理由を述べ許しを得なさい」というのがカトリック教会の教え。だが、現実は柔軟な対応らしい。
826ブログ

病者の塗油の秘跡、結婚の秘跡、叙階の秘跡

第24回夏季集中講座・第4日の昨日は、7つの秘跡の個別解説最終日。内容は、病者の塗油、結婚、叙階についてだった。 初日は、7つの秘跡の概要とその共通する特徴など。2日目は洗礼、堅信、ゆるしの3秘跡だったが、所用で欠席。3日目は、カトリック...
カトリックの教え

秘跡は、キリストとの出会い—竹山昭神父の夏期集中講座2015

2015年8月に行われた竹山昭神父の夏季集中講座・初日の動画です。この夏季集中講座は、ザビエル教会で、8月下旬に5日間行われました。初日から順次、掲載していく予定です。
826ブログ

教会の天井から雨漏り:屋根のコーキングで応急処置

玉里教会で、天井材の取替え工事を壮年有志で行ったのは日曜日のこと。梅雨の大雨による雨漏れで汚れたためだ。5mもの足場を組み、プロも顔負けの作業をしたはずだった。玉里教会Facebookページに作業の様子が掲載されている。 // 梅雨の大雨で...
826ブログ

国分教会献堂式:建物の完成は共同体再発展のスタート

2月11日(木)午後に行われたカトリック国分教会献堂式に参加した。献堂式に与るのはザビエル教会(1999年)、大熊教会(2002年)に続いて3回目。今回の国分教会の献堂式では、参加者に配られた式次第が非常に丁寧に作られていて、司式者のことば...
826ブログ

ワイヤレスマイクの混信はチャンネルの重複回避で解決

教会のピンマイクに音を入れると、隣の幼稚園のスピーカーから拡声される現象を確認したうえで、重複しているチューナーとマイクのチャンネルを変更させていただいた。何回かの試験を経てOK!
826ブログ

典礼研修会:新総則に基づくミサ典礼の一部変更

白浜満神父(日本カトリック神学院院長、典礼委員会委員)を迎えての典礼研修会が20日(日)カテドラルであった。典礼委員対象の研修会だろうからと行かないつもりだったが、全信徒対象だというので予定を変えて参加した。(事務局から参加するなら記録用に...
826ブログ

【貴島丈弥師司祭叙階式】祝賀会でも奄美信者のパワー全開

12月6日、奄美市名瀬の聖心教会で行われた貴島丈弥助祭の司祭叙階式に参加した。天候はあいにくの雨であったが、開式40分前には既に6割ほどの席が埋まっていた。聖堂の席は早い時間から埋まっていた左側の列は満席に近い状態。前方に典礼奉仕者や聖歌隊...
826ブログ

【いつくしみの特別聖年】教会の使命を強調する年が始まった

期間は12月8日~来年11月20日フランシスコ教皇の宣言により、カトリック教会では12月8日(無原罪の聖マリアの祭日)から『いつくしみの特別聖年』が始まった。来年11月20日(王であるキリストの祭日)まで続く。いつくしみの特別聖年とはフラン...
826ブログ

【貴島丈弥神父初ミサ】共祝司祭が郡山司教はじめ8人も

貴島丈弥(きじまじょうや)神父の初ミサは12月7日(月)朝6時30分から名瀬聖心教会で行われた。叙階式後の盛大な祝賀会と個人的なミニ飲み会が12時過ぎまで続いたため、朝早く目が覚めるかどうか心配だったが、見えない力が働いたらしく5時半に起き...
826ブログ

結婚誓約更新式:鹿児島の教会でも実現してもらいたい

名古屋カテドラル布池教会では、過去5年の間に同教会で結婚したカップルを対象に毎年「結婚誓約更新式」の案内を出しているそうで、去年8月30日に行った更新式には過去最高の107組が参加したというから、評判も上々のようだ。もちろん、これは担当部署...
826ブログ

いつくしみの特別聖年ロゴ:2人の重なった目が意味深

カトリック教会では『いつくしみの特別聖年』が昨年12月8日から始まった。今年11月20日まで続くこの聖年の過ごし方が教会内では度々話題に上っている。私が所属するカトリック玉里教会では、17日に開かれた合同班会において、主任司祭の講話と分かち...