教会の天井から雨漏り:屋根のコーキングで応急処置

高い天井に届くように足場組み立て中

高い天井に届くように足場組み立て中

玉里教会で、天井材の取替え工事を壮年有志で行ったのは日曜日のこと。梅雨の大雨による雨漏れで汚れたためだ。5mもの足場を組み、プロも顔負けの作業をしたはずだった。

玉里教会Facebookページに作業の様子が掲載されている。

 

梅雨の大雨で、聖堂の天井にカビのような大きなシミができました。見苦しいので、壮年有志で奉仕作業・・・・①レンタルの足場を組み立て5mの高さを確保②汚れた天井材(化粧せっこうボード)を剥がし③新しい化粧せっこうボードを取り付け・・・ました。最上段の作業者は、汗でビッショリ!

Posted by カトリック玉里教会 on 2015年8月9日

 

ところが、3日後の昨日、雨漏れがするとの連絡で行ってみると、ごらんのありさま。既に洗面器が置かれていた。雨は上がっているのに、ポタッ、ポタッと水滴が落ちていた。

今日は朝から、プロのペンキ屋さんを伴いまたも有志で応急処置。プロの見立てによると根本的な防水処置が必要とのこと。10m×21mもの広い屋根の防水工事には相当の経費がかかりそう。

826ブログ
シェアをお願いします!
この記事を書いた人
yaziro3

このサイトの運営者yaziro3(ヤジローサン)です。
カトリック教会のこと、デジタルのことに関心を持つ還暦世代です。
yaziro3の名は、1549年聖フランシスコ・ザビエルを鹿児島に案内してきた薩摩の人・ヤジローに由来しています。

yaziro3をフォローする
教会のITサポート:826村

コメント

タイトルとURLをコピーしました