yaziro3

826ブログ

WordPressを最新5.0にアップしたら、編集画面がなにこれ?

ワードプレスの管理画面でバージョン5.0が公開されたというので、勧められるままにアップデートしたところ、新規記事の編集画面に驚いた。まるで異次元の世界。プラグインの追加で旧エディタを使えるようにしたのだが。
日曜日の聖書

待降節第2主日:神の言葉が荒れ野でザカリアの子ヨハネに降った。

待降節第2主日(C年)の聖書=ルカ3・1~6 皇帝ティベリウスの治世の第15年、ポンティオ・ピラトがユダヤの総督、ヘロデがガリラヤの領主、その兄弟フィリポがイトラヤとトラコン地方の領主、リサニヤがアビレネの領主、
日曜日の聖書

待降節第1主日:放縦や深酒や生活の煩いで、心が鈍くならないように!

待降節第1主日(C年)の聖書=ルカ21・25~28、34~36 〔そのとき、イエスは弟子たちに言われた。〕「太陽と月と星に徴が現れる。地上では海がどよめき荒れ狂うので、諸国の民は、なすすべを知らず、不安に陥る。
日曜日の聖書

王であるキリスト:「真理について証しをするために生まれ、この世に来た」

王であるキリスト(B年)の聖書=ヨハネ18・33b~37  〔そのとき、ピラトはイエスに〕「お前がユダヤ人の王なのか」と言った。イエスはお答えになった。「あなたは自分の考えで、そう言うのですか。
アキラさんの絵手紙

医者いらずの柿。風邪よさらば—アキラさんの絵手紙2018

医者いらずの柿。風邪よさらば!
826ブログ

Xサーバーの高速化設定で画像が表示されなくなったときに行ったこと

「Xアクセラレータ」の設定をOFF⇒ON|静的ファイル(推奨)に切り替え、効果のほどを確かめてみた。なるほど!10倍は大げさだがページの切り替え確かに早くなっている!!と感じたのだが・・・
日曜日の聖書

年間第33主日:そのとき、人の子は選ばれた人たちを四方から集める

年間第33主日(B年)の聖書(マルコ13・24~32)〔そのとき、イエスは弟子たちに言われた。〕「それらの日には、このような苦難の後、太陽は暗くなり、月は光を放たず、星は空から落ち、天体は揺り動かされる。
826ブログ

ZOOM会議は簡単、便利!システムを教会の諸活動でも活用したい

インターネットを利用した会議は、これまではSkypeだったが、これからはZOOMの時代だ。無料バージョンでも教会活動に使う分ならスカイプよりも手軽だし、より柔軟に、より多くの場面で活躍すること請け合いだ。
日曜日の聖書

年間第32主日:貧しいやもめは、賽銭箱にだれよりもたくさん入れた

年間第32主日(B年)の聖書=マルコ12・38~44 〔そのとき、〕イエスは教えの中でこう言われた。「律法学者に気をつけなさい。彼らは、長い衣をまとって歩き回ることや、広場で挨拶されること、
826ブログ

GoogleのPageSpeedに合格!モバイル=80は初めてだぁ!

これまで、パソコンでは大体80点以上をマークしていたが、モバイルで80点をマークして緑色がついたのは初めてのこと。すなおに、すごく嬉しい!!実は、おとといの夜、急に決意して826村のリニューアルを決行!今回のリニューアルに賭けた思いの一つが実現したようだ!
826ブログ

iPhoneで撮ったHEIC画像をGoogleフォトでJPGに変換する方法

iOS11になってから、iPhoneで写真撮影をすると、写真の拡張子は.heicになっている。ところが困ったことに、HEIC画像はWindowsでは初期設定のままでは表示できない。そこで裏技?Googleフォトに保存したHEIC画像は、一旦回転してからダウンロードするとJPGに変換される!
日曜日の聖書

年間第31主日: 心を尽くし、力を尽くしてあなたの神である主を愛しなさい

年間第31主日(B年)の聖書=マルコ12・28b~34 「あらゆる掟のうちで、どれが第一でしょうか。」イエスはお答えになった。「第一の掟は、これである。『イスラエルよ、聞け、わたしたちの神である主は、唯一の主である。 心を尽くし、精神を尽くし、思いを尽くし、力を尽くして、あなたの神である主を愛しなさい。』
カトリックの教え

祈りを中心に抱く「山上の説教」第5講—竹山昭神父の2018年夏期講座

主の祈りが山上の説教全体に占める位置を、 U.ルツの詳細な注解書「マタイによる福音書」の見解を援用して、確かめたい。また「主の祈り」を導入しているイエスのことばの意味を考えてみたい。
アキラさんの絵手紙

年をまたぐ山茶花が咲きだした–アキラさんの絵手紙2018

年をまたぐ山茶花が咲きだした
日曜日の聖書

年間第30主日:「ダビデの子イエスよ、わたしを憐れんでください」

年間第30主日(B年)の聖書=マルコ10・46~52 イエスが弟子たちや多勢の群衆と一緒に、エリコを出て行こうとされたとき、ティマイの子で、バルティマイという盲人の物乞いが道端に座っていた。
日曜日の聖書

年間第29主日:人の子は、多くの人のために自分の命を捧げるために来た

年間第29主日(B年)の聖書=マルコ10・35~45 〔そのとき、〕ゼベダイの子ヤコブとヨハネが進み出て、イエスに言った。「先生、お願いすることをかなえていただきたいのですが。」
日曜日の聖書

年間第28主日:永遠の命を受け継ぐには、何をすればよいでしょうか?

年間第28主日(B年)の聖書=マルコ10・17~30 〔そのとき、〕イエスが旅に出ようとされると、ある人が走り寄って、ひざまずいて尋ねた。「善い先生、永遠の命を受け継ぐには、何をすればよいでしょうか。
日曜日の聖書

年間第27主日:神が結び合わせてくれたものを、人は離してはならない

年間第27主日(B年)の聖書=マルコ10・2~16 〔そのとき、〕ファリサイ派の人々が近寄って、「夫が妻を離縁することは、律法に適っているでしょうか」と尋ねた。イエスを試そうとしたのである。
日曜日の聖書

年間第26主日:わたしを信じる小さな者の一人をつまずかせてはいけない

年間第26主日(B年)の聖書=マルコ9・38~43、45、47~48 ヨハネがイエスに言った。「先生、お名前を使って悪霊を追い出している者を見ましたが、わたしたちに従わないので、やめさせようとしました。」
日曜日の聖書

年間第25主日:イエスは言われた。すべての人に仕える者になりなさい。

年間第25主日(B年)の聖書=マルコ9・30~37 〔そのとき、イエスと弟子たち〕一行はそこを去って、ガリラヤを通って行った。しかし、イエスは人に気づかれるのを好まれなかった。