『年間第30主日』の聖書と説教一覧はこちら
今週の聖書です
10月25日の聖書

待降節第1主日

2020年/A年説教=応えていますか、いつも

待降節第1主日:「もの」より「人」への関心を高め、信頼の絆を深めて待つ

共同体として、家族として、互いの信頼感を高め、絆を深めていくこと、そこに待降節の過ごし方、準備のあり方があるのかもしれません。日頃から、「人」への関心を強め、高めていきましょう。自ずと「人の輪」ができあがります。
2019年/C年説教=召ばれています、いつも

待降節第1主日:自分の現実を見つめつつ、「見るべき方」に目覚めよう

幸せを追い求めてやまないわたしたちですが、幸せは一瞬のうちに飛ばされていきます。いつも、そのような環境の中に置かれています。だから「目を覚ましていなさい」とイエスさまは言われます。
2018年/B年説教=神への道標

待降節第1主日:信仰の「生長」ではなく「成長」に目覚め、期待したい

小さなイスラエルの民が、「人類の救い」という大きな影響力を与える存在になっていきました。彼らの中に生き続けている信仰心の凄さに、忍耐力に、今に生きるわたしたちは「目覚めて」いきたいものです。
2015年/B年説教=イエスのこころ

待降節第1主日:目覚めていれば、完璧ではなくても十分な準備はできる

来たるべき救い主との出会い(到来)を「目をさまして」待つように勧めて、始まります。その一つは、主の誕生を準備し、もう一つは、イエス・キリストの再臨を意識して準備する時なのです。
2016年/C年説教=神のぬくもり

待降節第1主日:ありのままの自分から目をそらさずに実情を見つめること

天を仰いで神を見つめなさいとイエスさまは言われます。人がそのような自分を見つめる時、わたしたちを引き上げる力強い神が、その手を伸ばしてくださるのです。
2017年/A年説教=神のふところ

待降節第1主日:救いは神からの一方的な業!とはいえ、人間側の備えが必要です。

待降節は何を待ち、準備するのでしょうか。今日のみ言葉は「神はすべての民を永遠の平和に招かれる」「救いは近づいている」「目を覚まして用意していなさい」と、わたしたちに語りかけます。つまり、やがて訪れる「救いの時」を語っています。それがいつ来るのか、誰もはかり知ることはできません。
2011年/A年説教=神のみことば

待降節第1主日:最後の審判のポイントは助けが必要な人に手を差し伸べたかどうか?

「もっとも小さなものの一人にしなかったのは、わたしにしなかったのである」(マタイ25章45節)。つまり、この「小さなできること」の積み重ねを大事にして「今」を生きることである、とイエスさまは訴えます。
2012年/B年説教=主との出会い

待降節第1主日:神を父と呼び、人々との絆は「父子関係」の認識

今のわたしたちにとって、神とはどのような関係にありますか。神との絆はどんなものでしょうか。よりよく生き抜くためにも、典礼暦の始まりにあたり、新たな心でながめてみたいものです。
2013年/C年説教=寄り添うイエス

待降節第1主日:ありのままの自分と現実を見つめること

救いに逆行するものにのみこまれないように目をさましていなさい。そのためには、ありのままの自分、現実をしっかりと見つめること。必ず神の力強い救いがわたしたちを招いています。
2014年/A年説教=神のたしかさ

待降節第1主日:神の救いの確かさを待ち続ける術を学びましょう。

「救いは」日常の生活の中で実現していきます。ノアの話でもそうです。「人の子が来る場合」でもそうです。ただ、目を覚まして、神のしもべとして忠実に従う人が救われるのです。
タイトルとURLをコピーしました