復活節第6主日に関する【記事一覧】はこちら

待降節第1主日:最後の審判のポイントは助けが必要な人に手を差し伸べたかどうか?

この記事は約3分で読めます。

待降節第1主日(A年)の説教=マタイ24.37~44

2010年11月28日

神のみことば

ひょっとして、地球上のどの場所においても、その土地独特の「~時間」というものがあるのではないかという気がします。例えば、「さつま時間」のように。約束をしておいて、その時間に遅れるなどもってのほかですが、・・・。

仮に、そのような「時間」があったとしても、業務上の約束はきちんと守ったほうがよさそうです。あるサラリーマンが約束の時間を守れなかったことで、大きな仕事の契約を破棄されたという話があります。

日ごろの生き方が肝心なところで出てしまいます。そうです、遅れてもいい相手とそうでない相手がいます。その辺りの見極めは大事です。

今日、イエスさまはこの「時」について語られます。「目を覚ましていなさい。いつの日、主がおいでになるか、あなたたちは知らないからである」(42節)と。しかも、大胆なことに、メシアを盗人にたとえて話されます。

イエスさまの時代、そしてそれに続く初代教会のころは「世の終わり」は間近であるという信仰が強かったようです。「そのとき、二人の男が畑にいると、一人は連れて行かれ、一人は残される」のは、人の目には同じように見えても、神とのかかわりに生きているかどうか、神は明確に見極めることができるということです。

注目すべきことは、「いつであるかを知らない」からというわけではなく、「知らない」という事実を無視するところにあります。「洪水が襲って来て、一人残らずさらうまで、彼らは何も気づかなかった」のです。つまり、神の行為を無視することになるのです。だから、今日のメッセージは「目覚めた心でいなさい」ということでしょう。

現代では人は「世の終わり」など考えないか、遠い先のことと思っているのではないでしょうか。そこで、「自分の人生の終わり」に置き換えてみてはどうでしょうか。人生の最後は必ず来ます。だけど、そのときを知る人は誰もいません。仮に知っていたとしても、かえって人生を有意義に味わうことなどできはしないでしょう。

「あなたは、何年何月何日に神に呼ばれますよ」と決まっていることを知っていたら、どのような生き方になるでしょうか。弱いわたしたちのこと、生きること自体が重荷になるのでは、・・・。やはり、「知らない」方がよいのです。

待降節第1主日:人の子は思いがけない時に来る。用意していなさい。
待降節第1主日(A年)の福音=マタイ24・37~44 〔そのとき、イエスは弟子たちに言われた。〕 人の子が来るのは、ノアの時と同じだからである。洪水になる前は、ノアが箱舟に入るその日まで、人々は食べたり飲んだり、めとったり嫁いだりしていた。そして、洪水が襲って来て一人残らずさらうまで、何も気がつかなかった。

しかし、それを無視した生き方が破滅を招くのだ、とイエスさまはおっしゃいます。それでは、どのような生き方をすればいいのでしょうか。

その答えは、「最後の審判」の中に出てきます。「もっとも小さなものの一人にしなかったのは、わたしにしなかったのである」(マタイ25章45節)。つまり、助けを必要としている人に手を差し伸べることです。この「小さなできること」の積み重ねを大事にして「今」を生きることである、とイエスさまは訴えます。

今日から始まる「待降節」の間に、無視しない、意識することを大事にした毎日を目指しましょう。より人生を楽しむことができるのでは、・・・!

コメント

タイトルとURLをコピーしました