年間第33主日に関する【記事一覧】はこちら

2011年/A年説教=神のみことば

2011年/A年説教=神のみことば

年間第21主日:聖と俗のペトロはわたしたち信仰者の始まり

ペトロの中にある強さと弱さ、美しさと醜さ、その中で彼の信仰は強められていったのでした。今に生きるわたしたちとて同じです。心の奥では崇高な神を見つめながら、一方では平凡な幸せを求め、汚い欲望に引きずられている自分を発見します。
2011年/A年説教=神のみことば

聖霊降臨は神の積極的な関与。イエスが弟子と私たちを再生させる

聖霊降臨の祝日は、神に反する動きを持った人に働きかける神の業であります。神自らがなさる「業」であるだけに、弟子たちを、人々を変えていくことができるのです。
2011年/A年説教=神のみことば

三位一体:神の啓示は、こどものかくれんぼ遊びにヒントがある

わたしたちが信じている神も、自らを自分のほうから示す神です。「啓示」とはまさにそのような意味。示された内容をわたしたちが受け止めることができるかどうか、それが問題です。
2011年/A年説教=神のみことば

年間第17主日:天国に行った人はいない。だから伝える工夫が大切

わたしたちの周囲にはたくさんの善意にあふれた人々がいます。このようなカトリック信者ではない人も、何かを求めています。本人に、神に向かっているという意識はないにしても、確かに神に向かっているのです。
タイトルとURLをコピーしました