待降節第4主日:マリアが持つ神とのコミュニケーション力に着目しよう

「神への道標」

2018年説教の年間テーマ「神への道標」

待降節第4主日(B年)の説教=ルカ1・26~38

2017年12月24日

「わたしたちは忙しすぎます。ほほえみを交わすひまさえありません。
ほほえみ ふれあいを忘れた人がいます。これはとても大きな貧困です。
多くの人は病んでいます。自分がまったく愛されていない 関心をもってもらえない いなくてもいい人間なのだと・・・・・。
人間にとって いちばんひどい病気は だれからも必要とされていないと感じることです。」(「マザー・テレサ 愛のことば」より)

イエスさまの降誕を前に、最後の日曜日を迎えました。

私が思う降誕祭の大きなメッセージとは?

毎年のことながら、巷では早々と“クリスマス”雰囲気を盛り上げてくれます。そのこともあってか、教会のデコレーションが年々質素になっていくような気がします。外観は質素でも中身の濃いイエスさまの「誕生祭」になればいいですね。実にイエスさまの誕生そのものは、人知れず、静かで、貧しい中での出来事でした。その中で、大きなメッセージの一つとわたしが思っていることがあります。それが何かといいますと、今風に表現いたしますと「コミュニケーション力」です。

現代では、コミュニケーション力の不足からくるさまざまな問題があるといいます。その中でも、人を避け、一人閉じこもってしまいがちになる「引きこもり」的な現象が、人のまともな成長を妨げている要因になっているのでしょうか。特に成長して働く年齢になってきても、職に就くことができない人が現実にいらっしゃると聞きます。

そのような人を対象に、研修会とか体験学習会とかが会社により、または、民間の団体によって開催されています。いろいろな目標のとらえ方があるかもしれませんが、その一つの視点を考えますと、「はたらく力」をどう見るのかということがあるでしょう。働くうえで必要なのは、パソコンや接客方法などの資格やスキルだけではないでしょう。周囲の仲間と良好な関係を築きながら円滑にやりとりをしたり、スムーズに仕事を進めるために計画立てをしたり、自身をもって前向きに業務に取り組むなどといったソーシャルスキルも不可欠になってきます。つまり「コミュニケーション力」です。

それは、マリアの「コミュニケーション力」

この力を習得して、人としての自分の成長にも大いに役立てたいものです。
わたしたちの周りにはいろいろな人が存在しています。いい意味でも悪い意味でも気になる人、自分にとって嫌な人、邪魔になる人。しかし、他の人にとっては、同じ人が好まれる人、助けになる人であったりします。

イエスさまにとっても明らかにそのような人がいました。それでも、イエスさまは嫌な人でありながらも、最後まで交流し、ゆるされるのです。そして、どのような人をもふところに迎え入れてくださいます。この姿は、イエスさまの誕生出来事にあらわれているといえます。その大きなきっかけとなる「マリアへのお告げ」で、マリアさま自身も、わたしたちに示されます。「仰せのごとく我になれかし」です。

待降節第4主日:天使はマリアに「あなたは身ごもって男の子を産む」と言った
待降節第4主日(B年)の福音=ルカ1・26~38 〔そのとき、〕天使ガプリエルは、ナザレというガリラヤの町に神から遣わされた。ダビデ家のヨセフという人のいいなずけであるおとめのところに遣わされたのである。そのおとめの名はマリアといった。

この言葉をじっくりと感じてみます。み使いガブリエルは言います。「恐れることはないマリア、あなたは神の恵みを受けている」と。どんな恵みを受けたのでしょうか。つまり、神がマリアさまに目を留められた、そして、声を掛けられたというのです。目をかけられたのです。その具体的な表れがみ使いガブリエルのお告げでした。マリアさまはエリザベト訪問の際に言われます。「主が、身分の低いはしために、目を留めてくださったからです」と。(ルカ1章48節)

マリアは自分への神の関与を感じ、信じた

マリアさま自身は、しっかりと神のご自分へのかかわりを意識し、神とのふれあいを感じていたのです。恵みとは、神がイニシアティブをとって「わたし」と関わろうとしている姿に気付いて、その関係の中にわが身を置くことといえるのではないでしょうか。すなわち、絶えず神に声を掛けられ、神とのつながりを持とうとされる神に「フィアット」と答え続けられる自分でありたいですね。それも含めて祈り願いたいです。

(注)フィアットとはラテン語のfiatで、日本語の直訳は「なれかし」。

イエスさまの救いの業は、一人の女性の一言で始まり、それは分け隔てのない無限の広がりをもった「フィァット」でした。わたしたちにとっては、この上ないありがたいことです。が、その「ありがたさ」が、わたしたち一人ひとりに伝わっているのでしょうか。

神はわたしたちを招かれます。わたしたちは神を必要としているのでしょうか。必要としなくなった時、いちばんひどい病気にかかっている、と聖マザー・テレサはおっしゃいます。

コメント

タイトルとURLをコピーしました