年間第21主日に関する【記事一覧】はこちら

年間第24主日:イエスはユダヤ人のこの世的メシア像を砕いた

この記事は約2分で読めます。

年間第24主日(B年)の説教=マルコ8.27~35

2012年9月16日

主との出会い

「一体あの人は何者?」といいたくなる人が現実にいらっしゃいます。いい意味でも、そうでない意味でも。人の評価はあくまでも主観的な要素が強く、客観的な基準はないのではないでしょうか。強いてあるとすれば、教養があるとか、学歴とか、職歴等、五感で分かりうるかぎりの範囲に限定されます。
世にいう「もの知り」な人は、確かにその場を楽しませてくれます。飽きないですね。そうした状況を提供してくれる「もの知り」は、いたっていい方です、とわたしには思えます。中には、知っていることを自慢する人もいますので、・・・。いずれにせよ、ちょっとした事を知っていることは、少なくともマイナスにはなりません。自分が興味を抱く分野で「知る」ことを満足させていけばいいのではないかと考えます。

ここでちょっと休み、本を読んでいましたら、次の内容が目に入りました。「『のろし』はなぜ『狼煙』と書くのか」という問いかけでした。「のろし」はその昔、緊急の時、煙を出して知らせたのでした。その由来は、中国の古典(9世紀)にあるようです。「狼煙の煙は直上、烽火之を用いる」とあります。のろしを上げるとき、狼の糞を混ぜて燃やすと、風が吹いても煙がまっすぐ上にのぼるといわれてきたのでした。このようなことを知らなくても生きていけます。でも、その場をつなぐことはできるのです。

いずれにせよ、イエスさまも「あなたがたはわたしをだれと思うのか」と弟子たちに問いかけます。イエスさまは単なる「もの知り」ではありません。その説教の力強さに人々は驚き、病人をいやす力に感動し、興奮します。

それでいて、イエスさまの正体が人々にはつかみきれないでいるのです。それは弟子たちとて同じでした。ペトロは「あなたはキリストです」と答えましたが、その実、分かってはいませんでした。それは、すぐ後のペトロのことばによって知ることができます。イエスさまが、ご自分の生涯を示されると、ペトロはそれを拒んでしまい、イエスさまより「サタン」呼ばわりされるのです。

年間第24主日:わたしのため、また福音のために命を失う者は、それを救う
年間第24主日(B年)の聖書=マルコ8・27-35 〔そのとき、〕イエスは、弟子たちとフィリポ・カイサリア地方の方々の村にお出かけになった。その途中、弟子たちに、「人々は、わたしのことを 何者だと言っているか」と言われた。弟子たちは言った。

ペトロの考えは、当時の人々のレベルを超えてはいなかったのです。つまり、メシアとは、群衆を一つに結集させ、ローマの支配から人々を解放し、自由と独立を与える存在であったのです。それに対してイエスさまは「あなたは神のことではなく、人間の思いにしたがっている」と、彼らのメシア像を砕いてしまいます。

こうしたメシアを伝えるのが聖書です。ゆるしと愛のわざが記されています。

コメント

タイトルとURLをコピーしました