『四旬節第3主日』の聖書と説教はこちら

待降節第4主日:世界の救いと平和のために、「わたし」は神とともにいる

この記事は約6分で読めます。
待降節第4主日(B年)の説教

2024年(B年)説教の年間テーマ=あなたの言葉は「わたし」

待降節第4主日(B年)の説教=ルカ1・26~38

2023年12月24日

自民党安倍派の政治資金パーティー裏金問題を巡り、日本国全体が揺れているのではないでしょうか。昔から耳にしていたことですが、「政治家ではなく『政治屋』」ばかりだ、と。先輩たちからよく聞かされたものでした。どういう意味?と聞くと、「いかにして金をつくれるのか、金の入手だけを考えた彼らに、政治を語る資格はない」と。さらに「言葉を操るだけで、中身がない」と。そういわれると、当時は何となく納得している自分がいましたね。

政治資金パーティー「裏金問題」を巡って

みなさんは、今のこの状況を見てどう思われますか。過去にもあった、似たような金の問題(リクルート、佐川急便)は、いつまでも続くんですかね。日本政治の体質なんですか。ひょっとして、世界の政界はどこも同じ・・?

さすがに、何人かの鹿児島県の市民の声が紹介されています。(南日本新聞2023年⒓月15日朝刊)

肝付町前田の畜産会社に勤める田中英樹さん(32歳)は「(裏金問題は)はたして自民党だけだろうか」と政治全般への不信を問題にしています。「政府には国民を向いて仕事をしてほしいが、あまり期待はできなそうだ」と声を落とされています。そういえば、国民に選出されたという意識がゼロ? そんな感じはしますけどね、・・。

子育て世代からは切実な声が相次いでいます。2歳の娘を育てる鹿児島市星ヶ峯4丁目の主婦福元由利子さん(37歳)は「政治家が得するような仕組みになっていて、あきらめを通り越した」。3歳の息子がいる同市の主婦(32歳)も「私腹を肥やしているようで印象が悪い。将来が不安で2人目の出産はためらう」とお話しています。

霧島市国分の主婦松尾都さん(66歳)は13日の夜の岸田首相の記者会見を「信頼回復へ火の玉となると言っても、その場しのぎにしか見えない」と言い放っています。また、2年前に問題視された月額100万円の「調査研究広報滞在費」を巡る議論が進まない現状に触れ、「放っておけば国民は忘れると軽んじているのだろう。厳しい生活を送る庶民の気持ちを政治家は分かっていない」と切り捨てておられます。

「長年やってきた慣習だから、・・記載しなくてもいい」ということで、せっせと裏金工作、約5億円を今までは「穏便に?」やってきたのでしょう。まさに組織ぐるみですね。それでも、「裏金」という意識がなかったということでしょうか、「悪かった」ということが認知されていないように思えてしょうがない。「政治の混乱を招いて」「迷惑をかけて」「責任を感じて」という言葉は出てきても、「国民に申し訳ない」「悪いことをしてしまって・・」という心の思いと、国民への言葉は全くありません、わたしがニュースで見る限りにおいて。ある人が言っておりました。「まさに脱税じゃないか」と。

人間はみな弱く悪に無防備で染まり易い

わたしたちは誰でも弱いです。良いことをしたいとは思っていても、むしろ勇気がいります。さらなるエネルギーを必要とします。でも、悪いことをするときは、何となくやってしまうことが多々ありますよね。あまり考えていないんですね。だから、悪に対しては無防備に近く、染まりやすいわたしたちです。善にはなかなか染まろうとしないんです。これが今の人間の実態でしょうか。

「おめでとう、主があなたと共におられる」

こうした人間の状況の中にあって、それでも、いや、だからこそ、人間を救うためにと、遠大な目的をもってイエスはこの世に誕生します。このことをひたすら持ち望んでいたイスラエルの民、中でもマリはその代表格として今日の福音に出てきます。民が、これまで祈り求めてきたこと、待ち望んでいるものを最初に受け取ったのが、中でもマリアだったということです。だからこそ、わたしたちはまず、マリアに取次ぎを願うのです。その瞬間が、神からの祝福を受けたマリアに告げられた、大天使ガブリエルの「お告げ」の場面です。

404 NOT FOUND | 教会のITサポート:826村
826村のテーマは、インターネット教会(電子教会)の研究です。

そのメッセージとは「おめでとう、恵まれた方。主があなたと共におられる。・・・マリア、恐れることはない。あなたは神から恵みをいただいた。あなたは身ごもって男の子を産むが、その子をイエスと名付けなさい。 その子は偉大な人になり、いと高き方の子と言われる。神である主は、彼に父ダビデの王座をくださる。 彼は永遠にヤコブの家を治め、その支配は終わることがない。」

神の救いの計画が、大天使ガブリエルによって示されました。マリアはすぐにその意味することを理解できたのでしょうか。そうでもなさそうです。「マリアはこの言葉に戸惑い、いったいこの挨拶は何のことかと考え込んだ。」のです。この計画を直ちに理解できたわけではなかったのです。

「神にできないことは何一つない」

さらに天使は続けます。「聖霊があなたに降り、いと高き方の力があなたを包む。だから、生まれる子は聖なる者、神の子と呼ばれる。あなたの親類のエリサベトも、年をとっているが、男の子を身ごもっている。不妊の女と言われていたのに、もう六か月になっている。神にできないことは何一つない。」と。

ここに至って初めて、マリアは神の救いの業への参与を受諾するのです。神がマリアの受諾を願っている、必要としていることがわかったのでしょうか。でも、マリアは、「わたしは男の人を知りませんのに」のように、マリアの心が、人間的な可能性に縛られている限り、承諾へ向かうことはなかったでしょう。

それでは、どうして受諾することになったのか。戸惑いから承諾へと変えられたのは、「神にできないことは何一つない」という天使の言葉に心を向けたとき、委ねたときに承諾への道が開けてきたのです。つまり、神の力への信頼を呼び起こさせたことにありました。神の救いの計画は、人間の理解が追いつくような類のレベルではなかったのです。

「恵み」⇒「主があなたと共におられる」

だからこそ、神の恵みが必要だったのです。「恵み」というのは、どのようなものなんでしょう。それは「主があなたと共におられる」ことなのです。恵みというのが「もの」ではなく、「かかわり」方に重きが置かれていることに注目したいです。「神がひとみを向ける」「神が顔を向ける」という表現の中に、イスラエルの民は神の恵みを感じ取っていたのです。

だからマリアも讃えます。「わたしの魂は主をあがめ、わたしの霊は救い主である神を喜びたたえます。身分の低い、この主のはしためにも目を留めてくださったからです。今から後、いつの世の人もわたしを幸いな者と言うでしょう。」(ルカ1章47節参照)

神が誰に目を向けているか、自由です。でも確かに、一人ひとりは目を向けられているのです。「わたし」は振り返って応えているでしょうか・・・。

特に世のリーダーと呼ばれる人には、気づいてほしい、

人間の力を超えたところの「真」に・・・。

 

待降節第4主日【12月24日】の聖書はこちら

コメント

タイトルとURLをコピーしました