待降節第4主日:マリアの承諾は神の意志にわが身を「委ねる」こと

待降節第4主日(B年)の説教=ルカ2.15~20

2011年12月18日

主との出会い

キリストの降誕を前にした最後の日曜日の福音には、マリアさまが登場します。それもそのはずです。神の「救いの計画」の実現は、実にマリアさまの受諾があるかどうかで始まるからです。人類救いの事業は、「お告げ」という形で最初にマリアさまに示されたのです。

「あなたは女の中で祝福されたかたです」とのあいさつを受けられます。大天使ガブリエルはその理由を、「あなたは、主のみ前に恵みを得たのです」と告げます。「主の前に恵みを得る」とはどのようなことでしょうか。表現は悪いかも知れませんが、一種の「えこひいき」とでもいえるのではないかと感じても、おかしくないような気がします。しかし、それは人間的にいいこと尽くめでないことも確かです。だから、本当の「えこひいき」ではないのです。

わたしたちにとって、「恵み」とは何でしょうか。
通常、「恵まれているね~」というとき、物であったり、時間であったり、チャンスであったりとかします。つまり、「賜物」として感じられることが多いのではないでしょうか。それはそうですが、その前にあるもの、それがもっと大事なことのような気がします。それというのは、互いの「かかわり」です。深いかかわり(親密な)なのか、浅いかかわり(表面的)なのか、によって、その後の行動に影響します。

上の方が下の人に目を留めるには、それなりの好意を感じているからでしょう。そうしてあげたいと感じるような関係にあるということです。神にとって、すべての人間はそのような存在なのです。神に目をかけてもらえるほどの存在なのです。これをあり難いと感じているのか、そうでないのかによって、恵みと受け止めるか否かが決まります。

待降節第4主日:天使はマリアに「あなたは身ごもって男の子を産む」と言った
待降節第4主日(B年)の福音=ルカ1・26~38 〔そのとき、〕天使ガプリエルは、ナザレというガリラヤの町に神から遣わされた。ダビデ家のヨセフという人のいいなずけであるおとめのところに遣わされたのである。そのおとめの名はマリアといった。

神をもっと身近な方として感じることのできる日が、実は、クリスマス(イエスさまの誕生日)なのです。そのさきがけとなる出来事が、今日のマリアさまへのお告げです。偉大な存在の神が、人間(マリア)の承諾によってわたしたちの間に、隣に来てくださるのです。わたしたちは首を縦に振るだけでいいのです。その模範を示してくださったのが今日のマリアさまです。その承諾の中身は、神の意志にわが身を「ゆだねる」ことでした。

コメント