祈りを中心に抱く「山上の説教」第5講—竹山昭神父の2018年夏期講座

竹山昭神父の夏期集中講座2018年第5講

2018年第5講の動画

【2018年第5講】竹山昭神父の夏期集中講座

第5講のレジュメ(骨子)

主の祈りを中心に抱く「山上の説教」~祈りとしての実践~

主の祈りが山上の説教全体に占める位置を、 U.ルツの詳細な注解書「マタイによる福音書」の見解を援用して、確かめたい。また「主の祈り」を導入しているイエスのことばの意味を考えてみたい。そうすることで「山上の説教」全体が祈りに裏打ちされていることを確かめたい。

  1. 主の祈りを中心に抱く構成
    ルツは、「山上の説教」が主の祈りを中心として、その周りに対称的に構築された構成を持つことを示した(前掲書)。その構成は以下のとおり(配布資料の2頁参照)。
    状況描写( 5 : 1以下)は山上の説教後の聞き手の反応( 7:28-8:1)と、「群衆、教える、上るないし降りる、山」のことばをキーワードとして対応している。
  2. 祈りとしての実践
    むろんすべての学者がこの見解に賛成しているわけではないが、ルツの この分析はマタイが「主の祈り」を意図的に中心においたことを否めない。実践を大切にするマタイの意味では「山上の説教がその中心においては祈りであることを見落とす解釈は、マタイの意味では、誤解であ
    る」というルツの主張は重要である。
  3. マタイが主の祈りの導入としている主の言葉の意味することは?

配布資料

第5講レジュメ

カトリックの教え
シェアをお願いします!
この記事を書いた人
yaziro3

このサイトの運営者yaziro3(ヤジローサン)です。
カトリック教会のこと、デジタルのことに関心を持つ還暦世代です。
yaziro3の名は、1549年聖フランシスコ・ザビエルを鹿児島に案内してきた薩摩の人・ヤジローに由来しています。

yaziro3をフォローする
教会のITサポート:826村

コメント

タイトルとURLをコピーしました