『年間第12主日』の聖書と説教はこちら

年間第11主日

2024年/B年の説教=あなたの言葉は「わたし」の道の光

年間第11主日:人知れず働かれる神に関心を!時には心からの思いを馳せよう

神の働きは人間の目にはかくされています。見えないし、いつも人知れず静かになされるので、神の働きを感覚でとらえ、確かめることはむずかしい。だからこそ、時には神の働きに、思いを馳せてみることは大事だと思います。
日曜日の聖書

年間第11主日:イエスは人々の聞く力に応じて、たとえで語られた

年間第11主日(B年)の聖書(マルコ4・26~34)〔そのとき、イエスは人々に言われた。〕「神の国は次のようなものである。人が土に種を蒔いて、夜昼、寝起きしているうちに、種は芽を出して成長するが、どうしてそうなるのか、その人は知らない。
2023年/A年説教=み言葉は「救い」の見極め

年間第11主日:一歩でも前に!誰にでもイエスのやさしさを実践できる

イエスは絶えず、人に向かっています。わたしたち一人ひとりも、その働き人として招かれています。仮に献身的に奉仕できなくても祈ることはできます。召命のために祈ることは、立派な宣教活動です。イエスのわたしたちに示された愛の業の継承者です。
日曜日の聖書

年間第11主日:イエスは群衆が弱り果てているのを見て、深く憐れまれた

〔マタイ9・36~10・8〕そのとき、イエスは、群衆が飼い主のいない羊のように弱り果て、打ちひしがれているのを見て、深く憐れまれた。そこで、弟子たちに言われた。「収穫は多いが、働き手が少ない。だから、収穫のために働き手を送ってくださるように、収穫の主に願いなさい。」
2021年/B年説教=新しいいのちの輝き

年間第11主日:「依存社会」でわが身をゆだねる人が目指すべき相手は?

パウロが言っています。「わたしの恵みはあなたに十分である。力は弱さの中でこそ十分に発揮されるのだ」(Ⅱコリント12.9)。であるからこそ、神の働きにゆだねましょう。少しずつ前に進めていくことこそ、イエスから求められている今日の勧めではないでしょうか。
2018年/B年説教=神への道標

年間第11主日:天国には皆が招かれている。しかし天国は場所ではない!

「神に似せて創られた」人間には、目に見えず、感じないながらも中に秘めた素晴らしいものがあるのです。大事なことは、それらの魅力が発揮されやすい環境にあるかどうかです。つまり、神の働きかけが功を奏しやすい状態にあるかということです。
2015年/B年説教=イエスのこころ

年間第11主日:神との関係を保つこと、その中に「神の国」はある

神とのかかわりを意識できれば、解放も間近であるといえます。わたしたちに大事なことは、信じている神にゆだねることのみです。これまた難しくて、日々葛藤です。
2016年/C年説教=神のぬくもり

年間第11主日:神の前に「正直になっている自分」がありますか?

イエスさまのわたしたちへの要求はこれだけです。「多くゆるされたから、多く愛していく」本来の生き方を、わたしたちの人生としていきたいものです。
2012年/B年説教=主との出会い

年間第11主日:人知れず寄り添い働きかける神に委ねる

「人知れず」神はわたしたちに寄り添い、支え、導いてくださるのです。その神に、あなたは委ねることができますか?返事に躊躇している間も、神は働きかけて下さっています。
2013年/C年説教=寄り添うイエス

年間第11主日:愛とは自分のすべてをさらけ出し見せること

年間第11主日(C年)の説教=ルカ7.36~8.1~32013年6月16日      人としての生き方はそれぞれです。どの生き方が幸せなのか、その人にしかわからない世界といえます。その生き方によって、その人の「タイプ」が決まるような気がしま...
日曜日の聖書

年間第11主日:あなたの信仰があなたを救った。安心して行きなさい

年間第11主日(C年)の聖書=ルカ7・36~8・3 〔そのとき、〕あるファリサイ派の人が、一緒に食事をしてほしいと願ったので、イエスはその家に入って食事の席に着かれた。この町に一人の罪深い女がいた。
タイトルとURLをコピーしました