私たちは「信仰宣言」で何を表明するのか—竹山昭神父の2017年夏期集中講座②

第26回夏期集中講座第2講

「父のひとり子・・・・主イエズス・キリストを信じる」

【2017年第2講】「信仰宣言」のカテケーシス(2)(3)

第2講は、8月22日(火)午前10時と午後7時から行われました。動画は午前の部を録画したものです。

講話の動画

配布資料

以下に添付してある資料は、配布された文書をPDF化したものです。

信仰宣言のカテケーシス(2)

  1. おとめマリアから生まれ、苦しみを受け、葬られ・・・
  2. 父のひとり子・・・主イエズス・キリストを信じます
    《イエズスはキリストである》
    《主(である)イエズス・キリスト》
    《父のひとり子、イエズス・キリスト》

信仰宣言のカテケーシス(3)

  1. 受肉の神秘をめぐって
    《素顔の神》
    《素顔のわたしになることを・・・》
  2. 十字架の死をめぐって
    《イエズスの死は父なる神の望みか》
    《なぜ「十字架の」死か》
  3. 「葬られ、復活して父の右におられる主イエズス・キリストを信じる」
    《復活ということで意味すること》
    《復活信仰が含むもの》
カトリックの教え
シェアをお願いします!
この記事を書いた人
yaziro3

このサイトの運営者yaziro3(ヤジローサン)です。
カトリック教会のこと、デジタルのことに関心を持つ還暦世代です。
yaziro3の名は、1549年聖フランシスコ・ザビエルを鹿児島に案内してきた薩摩の人・ヤジローに由来しています。

yaziro3をフォローする
教会のITサポート:826村

コメント