"年間第32主日"

日曜日の聖書

年間第32主日:貧しいやもめは、賽銭箱にだれよりもたくさん入れた

年間第32主日(B年)の聖書=マルコ12・38~44 〔そのとき、〕イエスは教えの中でこう言われた。「律法学者に気をつけなさい。彼らは、長い衣をまとって歩き回ることや、広場で挨拶されること、
2018年/B年説教=神への道標

年間第32主日:真の権威は、各々の日々の生き方の中で培われていく

献金はいいことですが、何も自慢することでもないでしょう、とイエスさまはおっしゃりたいのでしょうか。少なくとも、献金の度に、新たな動機づけをもって捧げたいですね。自分にとって、より有意義なミサ、祈りとなりますように・・・。
日曜日の聖書

年間第32主日:その日、その時を知らないのだから、目を覚ましていなさい。

年間第32主日(A年)の福音=マタイ25・1~13 「天の国は次のようにたとえられる。十人のおとめがそれぞれともし火を持って、花婿を迎えに出て行く。そのうちの五人は愚かで、五人は賢かった。
2017年/A年説教=神のふところ

年間第32主日:「今」の現実に魅かれながらも、未来の自分に目覚める

人は、未来の、不確かな現実よりも、確かな「今」の現実の方に魅力を感じてしまいます。また、負けてしまいます。ですから、将来の現実がどれだけ重要なのか、そのことをいかに感じるかによって、今の生き方に違いが生じてきます。
2015年/B年説教=イエスのこころ

年間第32主日:やもめの献金は、神への全き委託の生き方を感じさせる

律法による権威づけはこのやもめにはありませんが、一生懸命神への道を歩んできたという事実の積み重ねが、すでに「権威」です。人から信頼と安心を勝ち取ることができます。
2016年/C年説教=神のぬくもり

年間第32主日:大事なことは、「朽ちない」ものを選択できる訓練を重ねること

私たちは目先の幸せ、豊かさに惹かれ、本物を見失う弱さがあります。しかし、その環境の中で、少しずつではあっても、「神に似せて創られた」存在者として、前進できる恵みをもいただいています。
日曜日の聖書

年間第32主日:神は死んだ者の神ではなく、生きている者の神なのだ

年間第32主日(C年)の福音=ルカ20.27~38 復活があることを否定するサドカイ派の人々が何人か近寄って来て、イエスに尋ねた。「先生、モーセはわたしたちのために書いています。『ある人の兄が妻をめとり、子がなくて死んだ場合、
2011年/A年説教=神のみことば

年間第32主日:「未来の現実」にあわせた今を変える勇気が大事

「今」を大事にしすぎるあまり、未来を軽視してしまう生き方には注意しなさいというのが、イエスさまの今日のメッセージのような気がします。当時の結婚式は、夜行われていたそうです。当時は電気はありませんから、どうしても油を使ったともしびが必要でした。
2012年/B年説教=主との出会い

年間第32主日:「やもめの献金」は生活費を全部入れた

このやもめがだれよりもたくさんの献金を入れたと、イエスさまは弟子たちに断言なさいます。「この人は、乏しい中から自分のもっているものをすべて、生活費を全部入れたからである」
2010年/C年説教=神のまなざし

年間第32主日:カトリック者の生き方の中心にあるのは「復活」

イエスさまを裏切り、否定したペトロや、損得の勘定でイエスさまを売ったユダの生き方に近いのが私たちの現実であるといえないでしょうか。これが今の「わたし」であるとすれば、そのままをイエスさまの前に差し出すしかできないのです。
2013年/C年説教=寄り添うイエス

年間第32主日:他者に開かれた生き方が、人間本来のあり方です

「生きている者の神」との交わりは、「死」によって、途切れることはないのです。だからこそ、今、この世で信仰していることの大きな意味があります。そして、天国へのあこがれも強くなります。