『年間第18主日』の聖書と説教はこちら

年間第19主日(B年)<カトリック教会の典礼暦>2021年8月8日

この記事は約1分で読めます。
日時:
2021年8月8日 終日
2021-08-08T00:00:00+09:00
2021-08-09T00:00:00+09:00

カトリックの暦(典礼歴)

年間第19主日【8月8日】聖書の朗読箇所

第1朗読
列王記上 19・4~8  彼自身は荒れ野に入り、更に一日の道のりを歩き続けた。彼は一本のえにしだの木の下に来て座り、自分の命が絶えるのを願って言った。「主よ、もう十分です。わたしの命を取ってください。・・・
第2朗読
エフェソ4・30~5・2  神の聖霊を悲しませてはいけません。あなたがたは、聖霊により、贖いの日に対して保証されているのです。無慈悲、憤り、怒り、わめき、そしりなどすべてを、一切の悪意と一緒に捨てなさい。
福音
ヨハネ6・41~51
年間第19主日:このパンを食べるならば、その人は永遠に生きる。
年間第19主日(B年)の聖書=ヨハネ6・41~51 〔そのとき、〕ユダヤ人たちは、イエスが「わたしは天から降って来たパンである」と言われたので、イエスのことでつぶやき始め、こう言った。

年間第19主日の聖書と説教の記事一覧はこちら

年間第18主日(B年)  聖母の被昇天(B年)

スポンサーリンク
シェアをお願いします!
この記事を書いた人
yaziro

このサイトの運営者yaziro(ヤジロー)➡ カトリック教会のこと、デジタルのことに関心を持つ iPhone 好きジイジです。
最近はWordPress、Line、Web会議システム、YoutubeやOBSの活用法に没入中!
yaziroの名は、1549年聖フランシスコ・ザビエルを鹿児島に案内してきた薩摩の人・ヤジローにあやかっています。

yaziroをフォローする
教会のITサポート:826村
タイトルとURLをコピーしました