『復活節第2主日』の聖書と説教はこちら

カトリックカレンダー【典礼暦】その週の聖書と説教へのリンク付き

この記事は約1分で読めます。

カトリック教会の典礼暦(教会カレンダー)と国民の祝日を掲載。主日や祭日の個別ページでは、典礼暦に対応する聖書と説教(メッセージ)へのリンクなどもあります。
このページでカレンダーが表示されない場合は、こちらをクリックしてください。

1
聖木曜日(主の晩餐)B年<カトリック教会の典礼暦>2021年4月1日
聖木曜日(主の晩餐)B年<カトリック教会の典礼暦>2021年4月1日
4月 1 終日
聖木曜日(主の晩餐)B年<カトリック教会の典礼暦>2021年4月1日
聖木曜日の典礼で特徴的なことは「洗足式」です。 最後の晩餐の席で、イエスさまが弟子たちの足を洗った後、「わたしがあなたがたにしたとおりに、あなたがたもするようにと、模範を示したのである。」(ヨハネ13.15)と言われたとおり、司祭は聖木曜日の典礼・主の晩餐の夕べのミサで信者の足を洗っています。 カテドラルでは聖香油のミサが行われます。 カテドラル(司教座聖堂)では、教区内で働くほとんどの司祭が集まって、司教を中心に聖香油のミサを捧げます。 聖木曜日・主の晩餐の夕べのミサの聖書 第一朗読>>出エジプト記 出エジプト記12・1~8、11~14 〔その日、〕エジプトの国で、主はモーセとアロンに言われた。「この月をあなたたちの正月とし、年の初めの月としなさい。イスラエルの共同体全体に次のように告げなさい。『今月の十日、人はそれぞれ父の家ごとに、すなわち家族ごとに小羊を一匹用意しなければならない。もし、家族が少人数で小羊一匹を食べきれない場合には、隣の家族と共に、人数に見合うものを用意し、めいめいの食べる量に見合う小羊を選ばねばならない。その小羊は、傷のない一歳の雄でなければならない。用意するのは羊でも山羊でもよい。それは、この月の十四日まで取り分けておき、イスラエルの共同体の会衆が皆で夕暮れにそれを屠り、その血を取って、小羊を食べる家の入り口の二本の柱と鴨居に塗る。そしてその夜、肉を火で焼いて食べる。また、酵母を入れないパンを苦菜を添えて食べる。 それを食べるときは、腰帯を締め、靴を履き、横を手にし、急いで食べる。これが主の過越である。その夜、わたしはエジプトの国を巡り、人であれ、家畜であれ、エジプトの国のすべての初子を撃つ。また、エジプトのすべての神々に裁きを行う。わたしは主である。あなたたちのいる家に塗った血は、あなたたちのしるしとなる。血を見たならば、わたしはあなたたちを過ぎ越す。わたしがエジプトの国を撃つとき、滅ぼす者の災いはあなたたちに及ばない。この日は、あなたたちにとって記念すべき日となる。あなたたちは、この日を主の祭りとして祝い、代々にわたって守るべき不変の定めとして祝わねばならない。』」 第二朗読>>使徒パウロのコリントの教会への手紙 Ⅰコリント11・23~26 〔皆さん、〕わたしがあなたがたに伝えたことは、わたし自身、主から受けたものです。すなわち、主イエスは、引き渡される夜、パンを取り、感謝の祈りをささげてそれを裂き、「これは、あなたがたのためのわたしの体である。わたしの記念としてこのように行いなさい」と言われました。また、食事の後で、杯も同じようにして、「この杯は、わたしの血によって立てられる新しい契約である。飲む度に、わたしの記念としてこのように行いなさい」と言われました。だから、あなたがたは、このパンを食べこの杯を飲むごとに、主が来られるときまで、主の死を告げ知らせるのです。 ヨハネによる福音 ヨハネ13・1~15 13・1 過越祭の前のことである。イエスは、この世から父のもとへ移る御自分の時が来たことを悟り、世にいる弟子たちを愛して、この上なく愛し抜かれた。 2 夕食のときであった。既に悪魔は、イスカリオテのシモンの子ユダに、イエスを裏切る考えを抱かせていた。 3 イエスは、父がすべてを御自分の手にゆだねられたこと、また、御自分が神のもとから来て、神のもとに帰ろうとしていることを悟り、 4 食事の席から立ち上がって上着を脱ぎ、手ぬぐいを取って腰にまとわれた。 5 それから、たらいに水をくんで弟子たちの足を洗い、腰にまとった手ぬぐいでふき始められた。 6 シモン・ペトロのところに来ると、ペトロは、「主よ、あなたがわたしの足を洗ってくださるのですか」と言った。 7 イエスは答えて、「わたしのしていることは、今あなたには分かるまいが、後で、分かるようになる」と言われた。  8ペトロが「わたしの足など、決して洗わないでください」と言うと、イエスは、「もしわたしがあなたを洗わないなら、あなたはわたしと何のかかわりもないことになる」と答えられた。 9 そこでシモン・ペトロが言った。「主よ、足だけでなく、手も頭も。」 10 イエスは言われた。「既に体を洗った者は、全身清いのだから、足だけ洗えばよい。あなたがたは清いのだが、皆が清いわけではない。」 11 イエスは、御自分を裏切ろうとしている者がだれであるかを知っておられた。それで、「皆が清いわけではない」と言われたのである。 12 さて、イエスは、弟子たちの足を洗ってしまうと、上着を着て、再び席に着いて言われた。「わたしがあなたがたにしたことが分かるか。 13 あなたがたは、わたしを『先生』とか『主』とか呼ぶ。そのように言うのは正しい。わたしはそうである。 14 ところで、主であり、師であるわたしがあなたがたの足を洗ったのだから、あなたがたも互いに足を洗い合わなければならない。  15わたしがあなたがたにしたとおりに、あなたがたもするようにと、模範を示したのである。」 聖木曜日に関連する記事はこちら
2
聖金曜日(主の受難)B年<カトリック教会の典礼暦>2021年4月2日
聖金曜日(主の受難)B年<カトリック教会の典礼暦>2021年4月2日
4月 2 終日
聖金曜日(主の受難)B年<カトリック教会の典礼暦>2021年4月2日
聖金曜日は大斎、小斎の日 大斎とは・・・ 1日に1回だけ十分な食事をとり、そのほかはわずかな食事とする信者の務め。(満18歳以上満60歳未満の信者が対象) 小斎とは・・・ 肉類を食べないこ。ただし、自分の判断で他の形式や節制、信心業、愛徳の実行をもって代えることができる。満14歳以上の信者が対象。※大斎、小斎ともに病人や妊婦などは免除される。 聖金曜日に関連する記事はこちら
3
聖土曜日(B年)<カトリック教会の典礼暦>2021年4月3日
聖土曜日(B年)<カトリック教会の典礼暦>2021年4月3日
4月 3 終日
聖土曜日(B年)<カトリック教会の典礼暦>2021年4月3日
聖土曜日の典礼では光の祭儀があります。 聖堂とは別の場所で火の祝別が行われ、祝別された火からその年の「復活のローソク」に火が灯され、祭壇に運ばれます。
4
復活の主日/復活祭(B年)<カトリック教会の典礼暦>2021年4月4日
復活の主日/復活祭(B年)<カトリック教会の典礼暦>2021年4月4日
4月 4 終日
復活の主日/復活祭(B年)<カトリック教会の典礼暦>2021年4月4日
【4月1日】主の復活/イースター(B年)の聖書 第1朗読 使徒言行録10・34a、37~43〔その日、〕ペトロは口を開きこう言った。「あなたがたはご存じでしょう。ヨハネが洗礼を宣べ伝えた後に、ガリラヤから始まってユダヤ全土に起きた出来事・・・ 第2朗読 コロサイ3・1~4〔みなさん、〕あなたがたは、キリストと共に復活させられたのですから、上にあるものを求めなさい。そこでは、キリストが神の右の座に・・・ 福音 ヨハネ20・1~9 https://8263.jp/seisyo/1511.html/ 復活の主日の聖書と説教の記事一覧はこちら 受難の主日/枝の主日(B年)  復活節第2主日(B年)
5
6
7
8
9
10
11
復活節第2主日(B年)<カトリック教会の典礼暦>2021年4月11日
復活節第2主日(B年)<カトリック教会の典礼暦>2021年4月11日
4月 11 終日
復活節第2主日(B年)<カトリック教会の典礼暦>2021年4月11日
いつくしみの主日【4月11日】聖書の朗読箇所 第1朗読 使徒言行録4・32-35 信じた人々の群れは心も思いも一つにし、一人として持ち物を自分のものだと言う者はなく、すべてを共有していた。使徒たちは、大いなる力をもって主イエスの復活を証しし、皆、人々から非常に好意を持たれていた。 第2朗読 Ⅰヨハネ5・1-6  イエスがメシアであると信じる人は皆、神から生まれた者です。そして、生んでくださった方を愛する人は皆、その方から生まれた者をも愛します。 福音 ヨハネ20・19~31 https://8263.jp/seisyo/2349.html/ 復活節第2主日の聖書と説教の記事一覧はこちら 復活の主日(B年)  復活節第3主日(B年)
12
13
14
15
16
17
18
復活節第3主日(B年)<カトリック教会の典礼暦>2021年4月18日
復活節第3主日(B年)<カトリック教会の典礼暦>2021年4月18日
4月 18 終日
復活節第3主日(B年)<カトリック教会の典礼暦>2021年4月18日
復活節第3主日【4月18日】聖書の朗読箇所 第1朗読 使徒言行録3・13-15、17-19 〔その日、〕ペトロは民衆に言った。「アブラハムの神、イサクの神、ヤコブの神、わたしたちの先祖の神は、その僕イエスに栄光をお与えになりました。ところが、あなたがたはこのイエスを引き渡し・・・ 第2朗読 Ⅰヨハネ2・1-5a わたしの子たちよ、これらのことを書くのは、あなたがたが罪を犯さないようになるためです。たとえ罪を犯しても、御父のもとに弁護者、正しい方、イエス・キリストがおられます。この方こそ・・・ 福音 ルカ24・35~48 https://8263.jp/seisyo/2403.html/ 復活節第3主日の聖書と説教の記事一覧はこちら 復活節第2主日(B年)  復活節第4主日(B年)
19
20
21
22
23
24
25
復活節第4主日(B年)<カトリック教会の典礼暦>2021年4月25日
復活節第4主日(B年)<カトリック教会の典礼暦>2021年4月25日
4月 25 終日
復活節第4主日(B年)<カトリック教会の典礼暦>2021年4月25日
復活節第4主日【4月25日】聖書の朗読箇所 第1朗読 使徒言行録4・8-12 そのとき、ペトロは聖霊に満たされて言った。「民の議員、また長老の方々、今日わたしたちが取り調べを受けているのは、病人に対する善い行いと、その人が何によっていやされたか… 第2朗読 Ⅰヨハネ3・1-2 〔愛する皆さん、御父がどれほどわたしたちを愛してくださるか、考えなさい。それは、わたしたちが神の子と呼ばれるほどで、事実また、そのとおりです。世がわたしたちを知らないのは… 福音 ヨハネ10・11~18 https://8263.jp/seisyo/2471.html/ 復活節第4主日の聖書と説教の記事一覧はこちら 復活節第3主日(B年)  復活節第5主日(B年)
26
27
28
29
30
タイトルとURLをコピーしました