開催できるのか?桜島の眼前で行う錦江湾花火大会

緊急速報

緊急速報

毎年8月下旬の土曜日に行われる「かごしま錦江湾サマーナイト大花火大会」は22日の予定。奄美大島に単身赴任中の友人も花火大会にあわせて帰ってくる計画とか。市内の友人たちも楽しみにしていて、朝早く場所取りに出かけるのは私の役目になっている。

そんな折、15日午前、鹿児島市から桜島の火山噴火情報(緊急速報)が発表された。曰く『噴火により居住地域に重大な被害を及ぼす噴火が発生する可能性が高まっています。
警戒が必要な居住地域の方は避難の準備を行い、今後の火山活動情報や鹿児島市からの非難情報の収集を行われ、危険を感じた場合は早めに非難してください。』

桜島の噴火に対する恐れはもちろんあるのだが、恒例の花火大会の行方が気になって仕方がない。ネットで調べたら、下記の情報にありついた。開催の可否は「桜島の活動状況等を踏まえ」明日18日までに判断するとのこと。

その後、桜島の状態は小康状態のように思うのだが、専門家によると「いったん落ち着いたように見えた後噴火する傾向がある」らしい。

夕暮れの桜島を眼前に芝生の上で一杯、さらに一杯を重ねながら花火が上がるのを待つ。これがたまらない魅力になっているのだが・・・・今年はムリかもしれない。

第15回かごしま錦江湾サマーナイト大花火大会

第15回かごしま錦江湾サマーナイト大花火大会

かごしま錦江湾サマーナイト大花火大会 公式サイト - 鹿児島市観光振興課

情報源: かごしま錦江湾サマーナイト大花火大会 公式サイト

826ブログ
シェアをお願いします!
この記事を書いた人
yaziro3

このサイトの運営者yaziro3(ヤジローサン)です。
カトリック教会のこと、デジタルのことに関心を持つ還暦世代です。
yaziro3の名は、1549年聖フランシスコ・ザビエルを鹿児島に案内してきた薩摩の人・ヤジローに由来しています。

yaziro3をフォローする
教会のITサポート:826村

コメント

タイトルとURLをコピーしました