『年間第13主日』の聖書と説教はこちら

キリストの聖体(C年)<カトリック教会の典礼暦>2022年6月19日

この記事は約1分で読めます。
日時:
2022年6月19日 終日
2022-06-19T00:00:00+09:00
2022-06-20T00:00:00+09:00

カトリックの暦(典礼歴)

キリストの聖体【6月19日】聖書の朗読箇所

第1朗読
創世記14・18-20〔その日、〕いと高き神の祭司であったサレムの王メルキゼデクも、パンとぶどう酒を持って来た。彼はアブラムを祝福して言った。
「天地の造り主、いと高き神にアブラムは祝福されますように・・・
第2朗読
Ⅰコリント11・23-26〔皆さん、〕わたしがあなたがたに伝えたことは、わたし自身、主から受けたものです。すなわち、主イエスは、引き渡される夜、パンを取り、感謝の祈りをささげてそれを裂き、「これは、あなたがたのためのわたしの体である。
福音
ルカ9・11b~17
キリストの聖体:すべての人が食べて満腹し、パンの屑が12籠も残った
キリストの聖体(C年)の福音=ルカ9・11b~17 イエスは五つのパンと二匹の魚を取り、天を仰いで、それらのために賛美の祈りを唱え、裂いて弟子たちに渡しては群衆に配らせた。すべての人が食べて満腹した。そして、残ったパンの屑を集めると、十二籠もあった。

“キリストの聖体”の聖書と説教の記事一覧はこちら

三位一体(C年)  年間第13主日(C年)

スポンサーリンク
シェアをお願いします!
この記事を書いた人
yaziro

このサイトの運営者yaziro(ヤジロー)➡ カトリック教会のこと、デジタルのことに関心を持つ iPhone 好きジイジです。
最近はWordPress、Line、Web会議システム、YoutubeやOBSの活用法に没入中!
yaziroの名は、1549年聖フランシスコ・ザビエルを鹿児島に案内してきた薩摩の人・ヤジローにあやかっています。

yaziroをフォローする
教会のITサポート:826村
タイトルとURLをコピーしました