年間第21主日に関する【記事一覧】はこちら

年間第10主日

日曜日の聖書

年間第10主日:イエスは死人に、「若者よ、起きなさい」と言われた。

年間第10主日(C年)の聖書=ルカ7・11~17〔そのとき、〕イエスはナインという町に行かれた。弟子たちや大勢の群衆も一緒であった。イエスが町の門に近づかれると、ちょうど、ある母親の一人息子が死んで、棺が担ぎ出されるところだった。
2018年/B年説教=神への道標

年間第10主日:イエスは「常識」を超えた世界へ、私たちを招いている

人であれば誰もが持っている「良識」を目覚めさせましょう。さらに「信仰心」を呼び覚ましましょう。すると、常識を超えた世界が展開され、そこが「信仰の世界」と呼ばれているのではないでしょうか。
日曜日の聖書

年間第10主日:神の御心を行う人こそ、わたしの兄弟、姉妹、母である

年間第10主日(B年)の聖書=マルコ3・20~35 〔そのとき、〕イエスが家に帰られると、群衆がまた集まって来て、一同は食事をする暇もないほどであった。身内の人たちはイエスのことを聞いて取り押さえに来た。
2016年/C年説教=神のぬくもり

年間第10主日:イエスさまの奇跡を見て、人々は神をほめたたえた

イエスさまの姿を見て、神が民を訪れてくださったことを理解し、自分たちに喜びを与えてくれる存在であることに目覚めていったのでした。
2013年/C年説教=寄り添うイエス

年間第10主日:日常の中で、神の具体的な関与に気づきたい

イエスさまがゆきづまったある母親の心を察して、そのあわれみを示されるのです。人の悲しみ、痛ましい姿を見て見過ごしてはいられないイエスさまのやさしさがうごめきだしたのでした。
タイトルとURLをコピーしました