『年間第20主日』の聖書と説教はこちら

年間第18主日(C年)<カトリック教会の典礼暦>2022年7月31日

この記事は約1分で読めます。
日時:
2022年7月31日 終日
2022-07-31T00:00:00+09:00
2022-08-01T00:00:00+09:00

カトリックの暦(典礼歴)

年間第18主日【7月31日】聖書の朗読箇所

第1朗読
コヘレト1・2、2・21~23 コヘレトは言う。なんという空しさ  なんという空しさ、すべては空しい。知恵と知識と才能を尽くして労苦した結果を、まったく労苦しなかった者に遺産として与えなければならないのか。これまた空しく大いに不幸なことだ。
第2朗読
コロサイ3・1~5、9~11〔皆さん、〕あなたがたは、キリストと共に復活させられたのですから、上にあるものを求めなさい。そこでは、キリストが神の右の座に着いておられます。上にあるものに心を留め、地上のものに心を引かれないようにしなさい。
福音
ルカ12・13~21
404 NOT FOUND | 教会のITサポート:826村
826村のテーマは、インターネット教会(電子教会)の研究です。

“年間第18主日”の聖書と説教の記事一覧はこちら

年間第17主日(C年)  年間第19主日(C年)

スポンサーリンク
シェアをお願いします!
この記事を書いた人
yaziro

このサイトの運営者yaziro(ヤジロー)➡ カトリック教会のこと、デジタルのことに関心を持つ iPhone 好きジイジです。
最近はWordPress、Line、Web会議システム、YoutubeやOBSの活用法に没入中!
yaziroの名は、1549年聖フランシスコ・ザビエルを鹿児島に案内してきた薩摩の人・ヤジローにあやかっています。

yaziroをフォローする
教会のITサポート:826村
タイトルとURLをコピーしました