『年間第13主日』の聖書と説教はこちら

年間第13主日(C年)<カトリック教会の典礼暦>2022年6月26日

この記事は約1分で読めます。
日時:
2022年6月26日 終日
2022-06-26T00:00:00+09:00
2022-06-27T00:00:00+09:00

カトリックの暦(典礼歴)

年間第13主日【6月26日】聖書の朗読箇所

第1朗読
列王記上19・16b、19~21 その日、主はエリヤに言われた。「アベル・メホラのシャファトの子エリシャにも油を注ぎ、あなたに代わる預言者とせよ。」
エリヤはそこをたち、十二軛の牛を前に行かせて畑を耕しているシャファトの子エリシャに出会った。
第2朗読
ガラテヤ5・1、13~18 〔みなさん、〕自由を得させるために、キリストはわたしたちを自由の身にしてくださったのです。だから、しっかりしなさい。奴隷の軛に二度とつながれてはなりません。兄弟たち、あなたがたは、自由を得るために召し出されたのです。
福音
ルカ9・51~62
年間第13主日:鋤に手をかけてから後ろを顧みる者は、神の国にふさわしくない
年間第13主日(C年)の福音=ルカ9・51~62 イエスは、天に上げられる時期が近づくと、エルサレムに向かう決意を固められた。そして、先に使いの者を出された。

“年間第13主日”の聖書と説教の記事一覧はこちら

キリストの聖体(C年)  年間第14主日(C年)

スポンサーリンク
シェアをお願いします!
この記事を書いた人
yaziro

このサイトの運営者yaziro(ヤジロー)➡ カトリック教会のこと、デジタルのことに関心を持つ iPhone 好きジイジです。
最近はWordPress、Line、Web会議システム、YoutubeやOBSの活用法に没入中!
yaziroの名は、1549年聖フランシスコ・ザビエルを鹿児島に案内してきた薩摩の人・ヤジローにあやかっています。

yaziroをフォローする
教会のITサポート:826村
タイトルとURLをコピーしました