『待降節第2主日』の聖書と説教はこちら

待降節第2主日(C年)<カトリック教会の典礼暦>2021年12月5日

この記事は約1分で読めます。
日時:
2021年12月5日 終日
2021-12-05T00:00:00+09:00
2021-12-06T00:00:00+09:00

カトリックの暦(典礼歴)

待降節第2主日【12月5日】聖書の朗読箇所

第1朗読
バルク5・1-9 エルサレムよ、悲しみと不幸の衣を脱ぎ、神から与えられる栄光で永遠に飾れ。神から与えられる義の衣を身にまとい、頭に永遠なる者の栄光の冠をつけよ。神は天の下のすべての地にお前の輝きを示される。
第2朗読
フィリピ1・4-6、8-11 〔皆さん、〕わたしは、あなたがた一同のために祈る度に、いつも喜びをもって祈っています。それは、あなたがたが最初の日から今日まで、福音にあずかっているからです。
福音
ルカ3・1~6
待降節第2主日:神の言葉が荒れ野でザカリアの子ヨハネに降った。
待降節第2主日(C年)の聖書=ルカ3・1~6 皇帝ティベリウスの治世の第15年、ポンティオ・ピラトがユダヤの総督、ヘロデがガリラヤの領主、その兄弟フィリポがイトラヤとトラコン地方の領主、リサニヤがアビレネの領主、

待降節第2主日の聖書と説教の記事一覧はこちら

待降節第1主日(C年)  待降節第3主日(C年)

スポンサーリンク
シェアをお願いします!
この記事を書いた人
yaziro

このサイトの運営者yaziro(ヤジロー)➡ カトリック教会のこと、デジタルのことに関心を持つ iPhone 好きジイジです。
最近はWordPress、Line、Web会議システム、YoutubeやOBSの活用法に没入中!
yaziroの名は、1549年聖フランシスコ・ザビエルを鹿児島に案内してきた薩摩の人・ヤジローにあやかっています。

yaziroをフォローする
教会のITサポート:826村
タイトルとURLをコピーしました