『年間第18主日』の聖書と説教はこちら

年間第16主日(B年)<カトリック教会の典礼暦>2021年7月18日

この記事は約1分で読めます。
日時:
2021年7月18日 終日
2021-07-18T00:00:00+09:00
2021-07-19T00:00:00+09:00

カトリックの暦(典礼歴)

年間第16主日【7月18日】聖書の朗読箇所

第1朗読
エレミヤ23・1-6 「災いだ、わたしの牧場の羊の群れを滅ぼし散らす牧者たちは」と主は言われる。それゆえ、イスラエルの神、主はわたしの民を牧する牧者たちについて、こう言われる。
第2朗読
エフェソ2・13-18 〔皆さん、〕あなたがたは、以前は遠く離れていたが、今や、キリスト・イエスにおいて、キリストの血によって近い者となったのです。実に、キリストはわたしたちの平和であります。
福音
マルコ6・30~34
年間第16主日:イエスは言われた「人里離れた所でしばらく休むがよい」
年間第16主日(B年)の聖書=マルコ6・30~34 使徒たちはイエスのところに集まって来て、自分たちが行ったことや教えたことを残らず報告した。イエスは、「さあ、あなたがただけで人里離れた所へ行って、しばらく休むがよい」と言われた。

年間第16主日の聖書と説教の記事一覧はこちら

年間第15主日(B年)  年間第17主日(B年)

スポンサーリンク
シェアをお願いします!
この記事を書いた人
yaziro

このサイトの運営者yaziro(ヤジロー)➡ カトリック教会のこと、デジタルのことに関心を持つ iPhone 好きジイジです。
最近はWordPress、Line、Web会議システム、YoutubeやOBSの活用法に没入中!
yaziroの名は、1549年聖フランシスコ・ザビエルを鹿児島に案内してきた薩摩の人・ヤジローにあやかっています。

yaziroをフォローする
教会のITサポート:826村
タイトルとURLをコピーしました