『年間第12主日』の聖書と説教はこちら

年間第12主日(B年)<カトリック教会の典礼暦>2021年6月20日

この記事は約1分で読めます。
日時:
2021年6月20日 終日
2021-06-20T00:00:00+09:00
2021-06-21T00:00:00+09:00

カトリックの暦(典礼歴)

年間第12主日【6月20日】聖書の朗読箇所

第1朗読
ヨブ38・1、8-11  主は嵐の中からヨブに答えて仰せになった。海は二つの扉を押し開いてほとばしり母の胎から溢れ出た。わたしは密雲をその着物とし濃霧をその産着としてまとわせた。
第2朗読
Ⅱコリント5・14-17 〔皆さん、〕キリストの愛がわたしたちを駆り立てています。わたしたちはこう考えます。すなわち、一人の方がすべての人のために死んでくださった以上、すべての人も死んだことになります。
福音
マルコ4・35~41
年間第12主日:イエスは言われた「なぜ怖がるのか。まだ信じないのか」
年間第12主日(B年)の聖書=マルコ4.35~41 その日の夕方になって、イエスは、「向こう岸に渡ろう」と弟子たちに言われた。そこで、弟子たちは群衆を後に残し、イエスを舟に乗せたまま漕ぎ出した。

年間第12主日の聖書と説教の記事一覧はこちら

年間第11主日(B年)  年間第13主日(B年)

スポンサーリンク
シェアをお願いします!
この記事を書いた人
yaziro

このサイトの運営者yaziro(ヤジロー)➡ カトリック教会のこと、デジタルのことに関心を持つ iPhone 好きジイジです。
最近はWordPress、Line、Web会議システム、YoutubeやOBSの活用法に没入中!
yaziroの名は、1549年聖フランシスコ・ザビエルを鹿児島に案内してきた薩摩の人・ヤジローにあやかっています。

yaziroをフォローする
教会のITサポート:826村
タイトルとURLをコピーしました