『年間第12主日』の聖書と説教はこちら

年間第11主日(B年)<カトリック教会の典礼暦>2021年6月13日

この記事は約1分で読めます。
日時:
2021年6月13日 終日
2021-06-13T00:00:00+09:00
2021-06-14T00:00:00+09:00

カトリックの暦(典礼歴)

年間第11主日【6月13日】聖書の朗読箇所

第1朗読
エゼキエル17・22-24 主なる神はこう言われる。「わたしは高いレバノン杉の梢を切り取って植え、その柔らかい若枝を折って、高くそびえる山の上に移し植える。イスラエルの高い山にそれを移し植えると、それは枝を伸ばし・・・
第2朗読
Ⅱコリント5・6-10〔皆さん、〕わたしたちは、天に永遠の住みかが備えられていることを知っています。それで、わたしたちはいつも心強いのですが、体を住みかとしているかぎり、主から離れていることも知っています。
福音
マルコ4・26~34
年間第11主日:イエスは人々の聞く力に応じて、たとえで語られた
年間第11主日(B年)の聖書(マルコ4・26~34)〔そのとき、イエスは人々に言われた。〕「神の国は次のようなものである。人が土に種を蒔いて、夜昼、寝起きしているうちに、種は芽を出して成長するが、どうしてそうなるのか、その人は知らない。

関連する記事

キリストの聖体(B年)  年間第12主日(B年)

スポンサーリンク
シェアをお願いします!
この記事を書いた人
yaziro

このサイトの運営者yaziro(ヤジロー)➡ カトリック教会のこと、デジタルのことに関心を持つ iPhone 好きジイジです。
最近はWordPress、Line、Web会議システム、YoutubeやOBSの活用法に没入中!
yaziroの名は、1549年聖フランシスコ・ザビエルを鹿児島に案内してきた薩摩の人・ヤジローにあやかっています。

yaziroをフォローする
教会のITサポート:826村
タイトルとURLをコピーしました