『復活節第3主日』の聖書と説教はこちら

復活節第2主日(B年)<カトリック教会の典礼暦>2021年4月11日

この記事は約1分で読めます。
日時:
2021年4月11日 終日
2021-04-11T00:00:00+09:00
2021-04-12T00:00:00+09:00

カトリックの暦(典礼歴)

いつくしみの主日【4月11日】聖書の朗読箇所

第1朗読
使徒言行録4・32-35 信じた人々の群れは心も思いも一つにし、一人として持ち物を自分のものだと言う者はなく、すべてを共有していた。使徒たちは、大いなる力をもって主イエスの復活を証しし、皆、人々から非常に好意を持たれていた。
第2朗読
Ⅰヨハネ5・1-6  イエスがメシアであると信じる人は皆、神から生まれた者です。そして、生んでくださった方を愛する人は皆、その方から生まれた者をも愛します。
福音
ヨハネ20・19~31
復活節第2主日:見たから信じるのか。見ないのに信じる人は幸いである
復活節第2主日(B年)の聖書=ヨハネ20・19~31 その日、すなわち週の初めの日の夕方、弟子たちはユダヤ人を恐れて、自分たちのいる家の戸に鍵をかけていた。そこへ、イエスが来て真ん中に立ち、「あなたがたに平和があるように」と言われた。

復活節第2主日の聖書と説教の記事一覧はこちら

復活の主日(B年)  復活節第3主日(B年)

スポンサーリンク
シェアをお願いします!
この記事を書いた人
yaziro

このサイトの運営者yaziro(ヤジロー)です。
カトリック教会のこと、デジタルのことに関心を持つ還暦世代です。
yaziroの名は、1549年聖フランシスコ・ザビエルを鹿児島に案内してきた薩摩の人・ヤジローに由来しています。

yaziroをフォローする
教会のITサポート:826村
タイトルとURLをコピーしました