教会のカレンダー

年間第25主日:最後に来た者にも、あなたと同じように支払ってやりたいのだ。

カトリック教会の日曜日の聖書
今週の聖書

年間第25主日(A年)の福音=マタイ20・1~16 〔イエスは弟子たちに語られた。〕 「天の国は次のようにたとえられる。ある家の主人が、ぶどう園で働く労働者を雇うために、夜明けに出かけて行った。主人は、一日につき一デナリオンの約束で、労働者をぶどう園に送った。

年間第21主日:欲望に引きずられながら信仰に生きようとする「わたし」

2017年/A年説教=神のふところ
2017年説教の年間テーマ「神のふところ」

わたしたちにとって大事なことは、「人そのもの」です。問題点ばかりを探しあてたところで、その人の本物に近づくことは難しくなります。わたしたちは、崇高さと煩悩さを兼ね備えた存在です。こうした人間の中に、信仰があり、だから恵みに支えられているのです。

年間第20主日:苦悩の中で出会った神の恵みに気付いていますか?

2017年/A年説教=神のふところ
2017年説教の年間テーマ「神のふところ」

究極に立たされた時の「温かいまなざし、援助の手」は、人間回復に大きな力です。戦争孤児となり、生きるどん底を体験した方、絶望の淵に追いやられていたカナンの女性。苦悩の中で見出した一条の光、それは恵みとの出会い、神との出会いであったのです。信仰を見出すのは「どんな時」でしょう。

年間第19主日:自らについてまわる弱さの奥にある居心地のいい場とは

2017年/A年説教=神のふところ
2017年説教の年間テーマ「神のふところ」

「人生のあらし」に圧倒されて、神から目をそらしたくなる、そのような体験を重ねつつ盤石な「自分」をめざせるように、力と勇気を願いましょう。いつも生き方の奥にあるのは、居心地のいい「家庭」環境です。親も子も、大人も子どもも、穏やかに伸び伸びと育っていきますように。

主の変容:イエスの姿が彼らの目の前で変わり、顔は太陽のように輝いた

カトリック教会の日曜日の聖書
今週の聖書

主の変容(A年)の福音=マタイ17・1~9 〔そのとき、〕イエスは、ペトロ、それにヤコブとその兄弟ヨハネだけを連れて、高い山に登られた。イエスの姿が彼らの目の前で変わり、顔は太陽のように輝き、服は光のように白くなった。見ると、モーセとエリヤが現れ、イエスと語り合っていた。

年間第15主日:私たちの信仰は「人の常識」を超えたところに芽生え育つ

2017年/A年説教=神のふところ
2017年説教の年間テーマ「神のふところ」

どんなに高貴なもの、優れたものであっても、そのものの使い道、生かし方を知らないとすれば、宝の持ち腐れです。種まきの話では、種そのものは素晴らしい生命力を持っていても、まかれた場所がそれに見合う土地でなければ実らないのです。

年間第14主日:イエスはいつもほほ笑みとともに、私たちを招いている

2017年/A年説教=神のふところ
2017年説教の年間テーマ「神のふところ」

人は愛する人が現れたとき、相手を喜ばせようと夢中になります。労苦を厭いません。しかし、どうしても、「わたし」の限界がついてまわります。最終的には、わたしたちは他者の労苦、重荷に対して無力であると言わざるを得ません。イエスさまのように「わたしのもとにいらっしゃい」なんて、言うことはできないのです。

ページの先頭へ