『年間第6主日』の聖書と説教一覧はこちら

カトリック教会の日曜日の聖書

日曜日の聖書

四旬節第3主日:わたしが与える水はその人の内で泉となり、永遠の命に至る水がわき出る。

四旬節第3主日(A年)の福音=ヨハネ4・5~42 〔そのとき、イエスは〕ヤコブがその子ヨセフに与えた土地の近くにある、シカルというサマリアの町に来られた。そこにはヤコブの井戸があった。イエスは旅に疲れて、そのまま井戸のそばに座っておられた。正午ごろのことである。 サマリアの女が水をくみに来た。イエスは、「水を飲ませてください」と言われた。
日曜日の聖書

四旬節第2主日:イエスの姿が変わり、顔は太陽のように輝き、服は光のように白くなった。

四旬節第2主日(A年)の聖書=マタイ17・1~9 六日の後、イエスは、ペトロ、それにヤコブとその兄弟ヨハネだけを連れて、高い山に登られた。イエスの姿が彼らの目の前で変わり、顔は太陽のように輝き、服は光のように白くなった。見ると、モーセとエリヤが現れ、イエスと語り合っていた。ペトロが口をはさんでイエスに言った。
日曜日の聖書

年間第12主日:自分の命を救いたいと思う者は、それを失う

年間第12主日(C年)の福音=ルカ9・18~24 イエスがひとりで祈っておられたとき、弟子たちは共にいた。そこでイエスは、「群衆は、わたしのことを何者だと言っているか」とお尋ねになった。
日曜日の聖書

年間第4主日:心の貧しい人々は、幸いである、天の国はその人たちのものである。

年間第4主日(A年)の福音=マタイ5・1~12a イエスはこの群衆を見て、山に登られた。腰を下ろされると、弟子たちが近くに寄って来た。そこで、イエスは口を開き、教えられた。「心の貧しい人々は、幸いである、天の国はその人たちのものである。
日曜日の聖書

年間第8主日:天の父は、すべてご存じである。何よりもまず、神の国と神の義を求めなさい。

年間第8主日(A年)の聖書=マタイ6・24~34 だれも、二人の主人に仕えることはできない。一方を憎んで他方を愛するか、一方に親しんで他方を軽んじるか、どちらかである。あなたがたは、神と富とに仕えることはできない。
日曜日の聖書

年間第29主日:イエスは彼らに言われた。皇帝のものは皇帝に、神のものは神に返しなさい。

年間第29主日(A年)の福音=マタイ22・15~21 〔そのとき、〕 ファリサイ派の人々は出て行って、どのようにしてイエスの言葉じりをとらえて、罠にかけようかと相談した。そして、その弟子たちをヘロデ派の人々と一緒にイエスのところに遣わして尋ねさせた
日曜日の聖書

あなたはペトロ。この岩の上にわたしの教会を建てる。陰府の力もこれに対抗できない。

聖ペトロ、聖パウロ使徒(A年)の聖書=マタイ16・13~19 イエスは、フィリポ・カイサリア地方に行ったとき、弟子たちに、「人々は、人の子のことを何者だと言っているか」とお尋ねになった。 弟子たちは言った。「『洗礼者ヨハネだ』と言う人も、『エリヤだ』と言う人もいます。ほかに、『エレミヤだ』とか、『預言者の一人だ』と言う人もいます。」
日曜日の聖書

年間第9主日:わたしに向かって、『主よ、主よ』と言う者が皆、天の国に入るわけではない

年間第9主日(A年)の聖書=マタイ7・21~27 〔そのとき、〕イエスは弟子たちに言われた。 「わたしに向かって、『主よ、主よ』と言う者が皆、天の国に入るわけではない。わたしの天の父の御心を行う者だけが入るのである。かの日には、大勢の者がわたしに、『主よ、主よ、わたしたちは御名によって預言し...
日曜日の聖書

年間第18主日:あなたがたが群衆に食べる物を与えなさい。

年間第18主日(A年)の聖書=マタイ14・13~21 イエスは〔洗礼者ヨハネが死んだこと〕を聞くと、舟に乗ってそこを去り、ひとり人里離れた所に退かれた。しかし、群衆はそのことを聞き、方々の町から歩いて後を迫った。
日曜日の聖書

ラテラン教会の献堂:わたしの父の家を商売の家としてはならない。

ラテラン教会の献堂(A年)の聖書=ヨハネ2.13~22 ユダヤ人の過越祭が近づいたので、イエスはエルサレムへ上って行かれた。そして、神殿の境内で牛や羊や鳩を売っている者たちと、座って両替をしている者たちを御覧になった。
日曜日の聖書

十字架称賛:信じる者が皆、人の子によって永遠の命を得るためである。

十字架称賛(A年)の聖書=ヨハネ3.13~17 〔そのとき、イエスはニコデモに言われた。〕 天から降って来た者、すなわち人の子のほかには、天に上った者はだれもいない。そして、モーセが荒れ野で蛇を上げたように、人の子も上げられねばならない。
日曜日の聖書

年間第12主日:なぜ怖がるのか。まだ信じないのか。(マルコ4.40)

年間第12主日(B年)の聖書=マルコ4.35~41 その日の夕方になって、イエスは、「向こう岸に渡ろう」と弟子たちに言われた。そこで、弟子たちは群衆を後に残し、イエスを舟に乗せたまま漕ぎ出した。
日曜日の聖書

年間第7主日:屋根をはがして穴をあけ、病人の寝ている床をつり降ろした

年間第7主日(B年)の聖書=マルコ2.1~12 数日後、イエスが再びカファルナウムに来られると、家におられることが知れ渡り、大勢の人が集まったので、戸口の辺りまですきまもないほどになった。
日曜日の聖書

諸聖人:心の貧しい人々は、幸いである、天の国はその人たちのものである

諸聖人(B年)の聖書=マタイ5.1~12a 新共同訳聖書〔そのとき、〕イエスはこの群衆を見て、山に登られた。腰を下ろされると、弟子たちが近くに寄って来た。そこで、イエスは口を開き、教えられた。
お知らせ

言は肉となって、わたしたちの間に宿られた。(ヨハネ1.14)

降誕節(大晦日)の聖書=ヨハネ1.1-182015年12月31日初めに言があった。言は神と共にあった。言は神であった。この言は、初めに神と共にあった。万物は言によって成った。成ったもので、言によらずに成ったものは何一つなかった。言の内に命が...
日曜日の聖書

年間第11主日:あなたの信仰があなたを救った。安心して行きなさい

年間第11主日(C年)の聖書=ルカ7・36~8・3 〔そのとき、〕あるファリサイ派の人が、一緒に食事をしてほしいと願ったので、イエスはその家に入って食事の席に着かれた。この町に一人の罪深い女がいた。
日曜日の聖書

年間第28主日:天の国は、王子の婚宴に似ている。招かれる人は多いが、選ばれる人は少ない。

年間第28主日(A年)の福音=マタイ22.1~14 〔そのとき、〕イエスは祭司長や民の長老たちにたとえを用いて語られた。 「天の国は、ある王が王子のために婚宴を催したのに似ている。王は家来たちを送り、婚宴に招いておいた人々を呼ばせたが、来ようとしなかった。
タイトルとURLをコピーしました