年間第21主日に関する【記事一覧】はこちら

年間第5主日:イエスはガリラヤ中の会堂に行って宣教し、大勢の人を癒した

この記事は約3分で読めます。

今週の聖書

年間第5主日(B年)の聖書=マルコ1・29~39

2018年2月4日

〔そのとき、イエスは会堂を出て、〕
1・29シモンとアンデレの家に行った。ヤコブとヨハネも一緒であった。

30シモンのしゅうとめが熱を出して寝ていたので、人々は早速、彼女のことをイエスに話した。

31イエスがそばに行き、手を取って起こされると、熱は去り、彼女は一同をもてなした。

32夕方になって日が沈むと、人々は、病人や悪霊に取りつかれた者を皆、イエスのもとに連れて来た。

33町中の人が、戸口に集まった。

34イエスは、いろいろな病気にかかっている大勢の人たちをいやし、また、多くの悪霊を追い出して、悪霊にものを言うことをお許しにならなかった。悪霊はイエスを知っていたからである。

35朝早くまだ暗いうちに、イエスは起きて、人里離れた所へ出て行き、そこで祈っておられた。

36シモンとその仲間はイエスの後を追い、

37見つけると、「みんなが捜しています」と言った。

38イエスは言われた。「近くのほかの町や村へ行こう。そこでも、わたしは宣教する。そのためにわたしは出て来たのである。」

39そして、ガリラヤ中の会堂に行き、宣教し、悪霊を追い出された。

 聖書本文は 日本聖書協会の「新共同訳聖書」から引用しています。
日曜日の聖書は、日曜日の説教とともに毎週木曜日の夕方に更新されます。
カトリック教会では日曜日のことを主日(しゅじつ)と言います。

日曜日の説教もどうぞ!
日曜日(主日)の聖書に続いて、YASUさんの説教(メッセージ)はいかがでしょうか!
YASUさんはカトリックの神父さんです。

▽2018年2月4日分の説教は、2月1日(木)17:00公開予定です▽

年間第5主日:自分の弱さ、もろさを直視しながら、人として一歩前へ
今の「わたしらしさ」は何なのでしょう?日本社会という環境に生まれ、育ち、教育を受け、恩恵をいただきながら大きくなり、そして、弱さを持ちながら、間違いながらも託された使命を生きようとしています。いつも振り返りながらその時の自己を直視し、「人間」としてちょっと前へ進みたいですね。

2015年2月8日の説教

年間第5主日:イエスの「寄り添う」とは、人々の苦しみを取り除くこと
現実の人間のはかなさを直視していくことにこそ、そして、その上で祈ることにこそ神との真の出会いを感じ取ることができるようになるのでしょうか。そのためにも、他者に「寄り添う」ことを学びたいものです。

2012年2月5日の説教

年間第5主日:「神の幸福」に与るには自分のみじめさを直視する
自分のみじめさを直視する人にとっては、そこから神に向かう祈りが始まり、神との出会いに到達し、平安と安心を受け取ることができるのです。人びとにとっては幸福なのです。

第一朗読と第二朗読を以下に掲載しますので、続けてお読みくだされば嬉しいです。実は、カトリック教会の主日(日曜日のこと)のミサでは上記の聖書(福音書)より先に読まれます。

【注】第一朗読は復活節を除き、旧約聖書が朗読されます。因みに、復活節は新約聖書の使徒言行録が朗読されます。また、第二朗読では、新約聖書の中の使徒書と呼ばれる聖書が朗読されます。

第一朗読>>ヨブ記

(ヨブ7・1~4、6~7)

〔ヨブは言った。〕この地上に生きる人間は兵役にあるようなもの。傭兵のように日々を送らなければならない。奴隷のように日の暮れるのを待ち焦がれ傭兵のように報酬を待ち望む。そうだ、わたしの嗣業はむなしく過ぎる月日。労苦の夜々が定められた報酬。横たわればいつ起き上がれるのかと思い夜の長さに倦み、いらだって夜明けを待つ。
わたしの一生は機の梭よりも速く望みもないままに過ぎ去る。忘れないでください、わたしの命は風にすぎないことを。わたしの目は二度と幸いを見ないでしょう。

第二朗読>>使徒パウロのコリントの教会への手紙

(Ⅰコリント9・16~19、22~23)

〔皆さん、〕わたしが福音を告げ知らせても、それはわたしの誇りにはなりません。そうせずにはいられないことだからです。福音を告げ知らせないなら、わたしは不幸なのです。自分からそうしているなら、報酬を得るでしょう。しかし、強いられてするなら、それは、ゆだねられている務めなのです。では、わたしの報酬とは何でしょうか。それは、福音を告げ知らせるときにそれを無報酬で伝え、福音を伝えるわたしが当然持っている権利を用いないということです。

わたしは、だれに対しても自由な者ですが、すべての人の奴隷になりました。できるだけ多くの人を得るためです。弱い人に対しては、弱い人のようになりました。弱い人を得るためです。すべての人に対してすべてのものになりました。何とかして何人かでも救うためです。福音のためなら、わたしはどんなことでもします。それは、わたしが福音に共にあずかる者となるためです。

日曜日の聖書
スポンサーリンク
シェアをお願いします!
この記事を書いた人
yaziro

このサイトの運営者yaziro(ヤジロー)です。
カトリック教会のこと、デジタルのことに関心を持つ還暦世代です。
yaziroの名は、1549年聖フランシスコ・ザビエルを鹿児島に案内してきた薩摩の人・ヤジローに由来しています。

yaziroをフォローする
教会のITサポート:826村

コメント

タイトルとURLをコピーしました