『受難の主日(枝の主日)』の聖書と説教一覧はこちら

四旬節第1主日(A年)<カトリック教会の典礼暦>2020年3月1日

この記事は約1分で読めます。
いつ:
2020年3月1日 全日
2020-03-01T00:00:00+09:00
2020-03-02T00:00:00+09:00

カトリックの暦(典礼歴)

四旬節第1主日【3月1日】聖書の朗読箇所

第1朗読
創世記2・7~9、3・1~7 主なる神は、土(アダマ)の塵で人(アダム)を形づくり、その鼻に命の息を吹き入れられた。人はこうして生きる者となった・・・
第2朗読
ローマ5・12~19 〔みなさん、〕一人の人によって罪が世に入り、罪によって死が入り込んだように、死はすべての人に及んだのです。すべての人が罪を犯したからです・・・
福音
マタイ4・1~11
四旬節第1主日:人はパンだけではなく、神の言葉によって生きている
四旬節第1主日(A年)の聖書=マタイ4・1~11 イエスは悪魔から誘惑を受けるため、“霊”に導かれて荒れ野に行かれた。そして四十日間、昼も夜も断食した後、空腹を覚えられた。すると、誘惑する者が来て、イエスに言った。「神の子なら、これらの石がパンになるように命じたらどうだ。」イエスはお答えになった。

四旬節第1主日の聖書と説教の記事一覧はこちら

灰の水曜日(A年)  四旬節第2主日(A年)

スポンサーリンク
シェアをお願いします!
この記事を書いた人
yaziro

このサイトの運営者yaziro(ヤジロー)です。
カトリック教会のこと、デジタルのことに関心を持つ還暦世代です。
yaziroの名は、1549年聖フランシスコ・ザビエルを鹿児島に案内してきた薩摩の人・ヤジローに由来しています。

yaziroをフォローする
教会のITサポート:826村
タイトルとURLをコピーしました