復活節第5主日に関する【記事一覧】はこちら

四旬節第5主日(C年)<カトリック教会の典礼暦>2019年4月7日

この記事は約1分で読めます。
いつ:
2019年4月7日 全日
2019-04-07T00:00:00+09:00
2019-04-08T00:00:00+09:00

カトリックの暦(典礼歴)

四旬節第5主日【4月7日】聖書の朗読箇所

第1朗読

イザヤ43・16-21 主はこう言われる。海の中に道を通し  恐るべき水の中に通路を開かれた方   戦車や馬、強大な軍隊を共に引き出し   彼らを倒して再び立つことを許さず   灯心のように消え去らせた方。  初めからのことを思い出すな。  昔のことを思いめぐらすな。  見よ、新しいことをわたしは行う。  今や、それは芽生えている。

第2朗読

フィリピ3・8-14 〔皆さん、わたしは、〕わたしの主キリスト・イエスを知ることのあまりのすばらしさに、今では他の一切を損失とみています。キリストのゆえに、わたしはすべてを失いましたが、それらを塵あくたと見なしています。

福音
ヨハネ8・1~11
四旬節第5主日:イエスは「あなたを罪に定めない。行きなさい」と言った
四旬節第5主日(C年)の聖書=ヨハネ8・1~11〔そのとき、〕 イエスはオリーブ山へ行かれた。朝早く、再び神殿の境内に入られると、民衆が皆、御自分のところにやって来たので、座って教え始められた。そこへ、律法学者たちやファリサイ派の人々が、姦通の現場で捕らえられた女を連れて来て、真ん中に立たせ、イエスに言った。

“四旬節第5主日”の聖書と説教の記事一覧はこちら

四旬節第4主日(C年)  受難の主日/枝の主日(C年)

スポンサーリンク
シェアをお願いします!
この記事を書いた人
yaziro3

このサイトの運営者yaziro3(ヤジローサン)です。
カトリック教会のこと、デジタルのことに関心を持つ還暦世代です。
yaziro3の名は、1549年聖フランシスコ・ザビエルを鹿児島に案内してきた薩摩の人・ヤジローに由来しています。

yaziro3をフォローする
教会のITサポート:826村
タイトルとURLをコピーしました