受難の主日/枝の主日(B年)<カトリック教会の典礼暦>2018年3月25日

いつ:
2018年3月25日 全日
2018-03-25T00:00:00+09:00
2018-03-26T00:00:00+09:00
オリーブの枝

オリーブの枝

受難の主日【3月25日】聖書の朗読箇所

第1朗読

イザヤ50・4-7 主なる神は、弟子としての舌をわたしに与え疲れた人を励ますように言葉を呼び覚ましてくださる。朝ごとにわたしの耳を呼び覚まし弟子として聞き従うようにしてくださる。主なる神はわたしの耳を開かれた。わたしは逆らわず、退かなかった・・・

第2朗読

フィリピ2・6-11 キリストは、神の身分でありながら、神と等しい者であることに固執しようとは思わず、かえって自分を無にして、僕の身分になり、人間と同じ者になられました。人間の姿で現れ、へりくだって、死に至るまで、それも十字架の死に至るまで従順でした・・・

福音
マルコ15・1~39
受難の主日:「わが神、わが神、なぜわたしをお見捨てになったのですか」
受難の主日/枝の主日(B年)の聖書=マルコ15・1~39 受難の朗読は長いので、ミサでは3人で分担して行われます。

関連する記事

四旬節第5主日(B年)  復活の主日(B年)

シェアをお願いします!
この記事を書いた人
yaziro3

このサイトの運営者yaziro3(ヤジローサン)です。
カトリック教会のこと、デジタルのことに関心を持つ還暦世代です。
yaziro3の名は、1549年聖フランシスコ・ザビエルを鹿児島に案内してきた薩摩の人・ヤジローに由来しています。

yaziro3をフォローする
教会のITサポート:826村
タイトルとURLをコピーしました