『待降節第2主日』の聖書と説教一覧はこちら
今週の聖書です
12月6日の聖書

死者の日<カトリック教会の典礼暦>毎年11月2日

この記事は約2分で読めます。
いつ:
2020年11月2日 全日
2020-11-02T00:00:00+09:00
2020-11-03T00:00:00+09:00

カトリックの暦(典礼歴)

死者の日【11月2日】聖書の朗読箇所

第1朗読
知恵3・1~6、9 神に従う人の魂は神の手で守られ、もはやいかなる責め苦も受けることはない。愚か者たちの目には彼らは死んだ者と映り、この世からの旅立ちは災い、自分たちからの離別は破滅に見えた…
または、
ローマ8・31b~35、37~39〔みなさん、〕もし神がわたしたちの味方であるならば、だれがわたしたちに敵対できますか。わたしたちすべてのために…
または、
黙示21・1~5a、6b~7  わたしヨハネはまた、新しい天と新しい地を見た。最初の天と最初の地は去って行き、もはや海もなくなった。更にわたしは…
福音
ヨハネ6・37~40 〔そのとき、イエスは人々に言われた。〕「父がわたしにお与えになる人は皆、わたしのところに来る。わたしのもとに来る人を、わたしは決して追い出さない…
死者の日:父の御心は、子を見て信じる者が皆永遠の命を得ることである。
死者の日の福音=ヨハネ6・37~40 〔そのとき、〕イエスは人々に言われた。 「父がわたしにお与えになる人は皆、わたしのところに来る。わたしのもとに来る人を、わたしは決して追い出さない。わたしが天から降って来たのは、自分の意志を行うためではなく、わたしをお遣わしになった方の御心を行うためである。

 

死者の日:教皇「神への信頼こそがキリスト者の希望」 - バチカン・ニュース
カトリック教会の暦は、11月2日、死者の日を記念した。

 

内赦院:死者のための全免償、11月のすべての期間に拡大 - バチカン・ニュース
死者のための全免償が、今年は、パンデミック危機のために、信心業の実践上の状況と信者たちの安全を考慮し、11月中全体にわたり得られることになった。
スポンサーリンク
シェアをお願いします!
この記事を書いた人
yaziro

このサイトの運営者yaziro(ヤジロー)です。
カトリック教会のこと、デジタルのことに関心を持つ還暦世代です。
yaziroの名は、1549年聖フランシスコ・ザビエルを鹿児島に案内してきた薩摩の人・ヤジローに由来しています。

yaziroをフォローする
教会のITサポート:826村

コメント

タイトルとURLをコピーしました