年間第14主日(C年)の説教=ルカ10.1~12、17~20

2016年7月3日

神のぬくもり学生時代にあちらこちらに旅したことを思い出しております。何十年たっても忘れないものもありますが、記憶はどこか曖昧になってきています。

あの頃は目の前に展開されていく事象に、ただ一生懸命に反応していた自分があったなと思います。年を重ねていくと、事象の裏には何があるのかとか、むやみやたらに、要らぬ先々のことをも心配してみたりとか、徒労が多くなりがちです。無駄なエネルギーを消費してしまいます。年齢とともに、自ずと人に託された役割が生じてくると思いますが、それどころではなくなってしまいます。

ところが、ある人に、あることに選ばれて何かを任されると、表情は一変してしまいます。自分以外の人から期待されますと、それだけで元気が出てきます。誰かと心が通い合ったかかわりを持つことが、どれだけ人にいい影響を与えるものなのかを物語っています。

イエスさまと弟子たちの関係もそうだったような気がします。信頼し、安心しきったイエスさまに仕事を頼まれ、派遣された今日の福音書の話が、そのことを証明しているのではないでしょうか。弟子たちは貧しいながらも、喜びにあふれた心で戻ってきたのです。

現代に生きるわたしたちも、イエスさまの教えを多くの人に伝える使命を持っています。イエスさまに期待されているのです。だから、わたしたち一人ひとりの在り方は非常に重要であるといえます。今日の福音書はそう指摘します。

つまり、イエスさまはご自分のメッセージを伝えるために、自ら70人を指名し、派遣しています。イエスさまご自身がお選びになりました。自ずとそこには権威が生じます。この権威は、イエスさまに近づこうとする人たちの妨げになってはいけません。逆に、人々のさまざまな姿に、生き様に、自分の心をひらくためのものです。

派遣される一人ひとりが、人生のさまざまな労苦、重荷を背負いきれないでいる人に共感し、人間が持っている惨めさ、悲惨さに向き合う姿勢を学ぶためにいただく「権威」なのです。

権威をいただいた者の誘惑は、権威の乱用です。つまり、自己の利益を追い求めようとする傾きです。自分の名誉、栄華を求めて、挙句の果ては自身の役割を果たすどころか、自己破たんしていくのです。本人もかわいそうながら、周りの人々はもっとかわいそうな目にあいます。

イエスさまに期待されている自分に目覚めましょう。元気になりましょう。そして、平和の使者になりましょう。