これから書く記事はもちろんだが、以前書いた記事の見直しや補強も大事・・・SEOに取り組み始めてから学んだことだ。

人さまに役立つ情報を提供しているのかどうか?という観点から過去の投稿を再点検すべし・・・という先人の忠告をもとにエントリーをあらためて見てみると、内容が薄い記事が結構あることに気付いた。

独りよがりの単なるボヤキ的な記事が目につく。著名人ならいざ知らず、初老男のボヤキなど親戚や友人でもない限り見向きもしないことは明らかだ。全く恥ずかしい。

そんな記事でも今さら削除というのも忍びない、自分の記録としてそのまま残してしておきたい。しかし質の良くない記事をそのままにしていると、検索エンジンの判定が思わしくない、サイト全体の質まで下げられてしまうらしい。

Stinger6のindex変更でNoindex設定

SEOを考えるなら善処すべし。というわけで先日導入したWordPressテーマStinger6の『index変更』機能を使って早速indexの変更作業を始めることにした。今回の作業で目指すNoindexとは、検索エンジンにインデックスさせない設定をすること。

テーマStinger6のindex変更
テーマStinger6のindex変更でNoindex,followに再設定

管理画面の投稿一覧で目当てのカテゴリ/ヤジローブログを絞り込み検索。時系列の古い順で再点検を行い始めた。

見出しの付け方、内容の有無、字数は十分かなどに重点を置いて再チェック、手直しや補強で対応できそうなものは再構築、再構築が難しい記事はボヤキ判定を下しNoindexにしていくことになる。ヤジローブログには記事が190もあるので、年内に終わることができるかどうか。

それにしても、Stinger6は有難い、編集画面の右側にindex変更ボックスがあるので、変更作業自体はほぼワンクリック。All in One SEO PackでもNoindex設定はできるが、Stingerに比べ画面操作が私には面倒だ。

Stinger6にあらためて感謝!!