すっかり、さぼり癖がついて、3か月もの間更新していなかった。 絵手紙のアキラさんも諦めたらしく、最近は催促もない。 どうしたら、書きたい意欲が湧くのか、書きたくなるアプリを探してみた。 Scrivenerと言う優れものを発見、挑戦してはみたが、それだけでは私のさぼり癖は治らなかった。

つい最近日本語図書が充実したiBookstoreで、今朝、「図で考えれば文章がうまくなる」という本を見つけ買ってみた。 文章力を付けたいと思って買ったのではない。450円と安かったからだ。(笑い)
 
試し読みの部分で梅棹忠雄の『知的生産の技術』のさわりが紹介されていて、それで・・・・つい、ポチリ。
 
曰く、「文章を書くという作業は、じっさいには、二つの段階から成り立っている。第一は、考えをまとめるという段階である。第二は、それをじっさいに文章にかきあらわす、という段階である。」
 
ハタと気づいた。 私のさぼり癖は、『考えをまとめる』ことが億劫になっているからではないか。 いやいや、これじゃぁ~ 脳硬化が一気に進んでしまう! そう思って、今日は書いてみた。 いやその前に少し考えたり、考える意欲を起こすために、826村サイトに工夫を凝らしたり。
 
Facebookと連携するために、いいね!ボタンも設置してみた。 効き目あるかなぁ??? 自分のコントロールは難しい!