iPhoneで入力中に、間違えて文字を消してしまうことはないだろうか。
私の場合、誤って入力した一文字か二文字、あるいは変換ミスをした数文字を削除して打ち直すつもりが、どういうわけかずるずると先まで消してしまい、チックショウ!!・・・・そんなことがしばしばだ。

悔しい思いをしながら、太い指でまた初めから入力しなおすのがいつものパターン。

そんな私に朗報が舞い込んできた。iPhoneで誤って消した文を一瞬で復活させる裏技があるというのだ。

iPhoneを軽く振ると直前の取り消し操作ができる

朗報をことばで表現すると・・・・
①誤って削除した直後にiPhoneを軽く振ると、②削除した文が復活し、③削除動作を取り消すことができるメニューが現れるというもの。ウソかホントか、iPhoneユーザーはぜひお試しを!

私はiOS9.1適用のiPhone6で確認できた。以下はその実際をキャプチャ―したもの。

①文章を入力②文章の一部削除③iPhone6を軽く振る④削除された文が復活

iPhoneで文章を入力した後、一部を削除した画面
iPhoneで文章を入力した後、一部を削除した画面
iPhoneで文章を一部削除したあと,iPhoneを軽く振った
iPhoneで文章を一部削除したあと,iPhoneを軽く振った

スポンサーリンク
【携帯グッズ&おもしろグッズの店】

シェイクで取り消しはiOS9ならiPad2でも動作する

調べてみると、これはiOSのシェイク機能というものらしい。
iOS9の設定>一般>アクセシビリティ>の中の「シェイクで取り消し」がオンになっていれば機能するとのこと。手元の古いiPad2(iOS9)ではデフォルトでオンになっていたようで、iPhoneと同じように動作した。

さらに手元のiOS8.1適用のiPhone5を調べてみたところ、設定>一般>アクセシビリティ>に「シェイクで取り消し」は存在しないので、iOS9で実現した機能だと思う。