またまた国勢調査がやってきた。色々な名前の調査がしょっちゅうあるので、またか!と思ったが、国勢調査は5年に一度らしい。5年に一度なら面倒くさがらずに協力せねば・・・・

今回からオンライン回答ができるらしいので、早速、トライしてみた。

結果は、オーライ!私の場合4人分が約10分で終わった。オンライン回答は楽、便利、おすすめ!と言いたい。

平成27年度国勢調査
平成27年度国勢調査/インターネット回答の操作ガイド

調査員が持ってきてくれた資料にさっと目を通して、パソコンに向かった。ログインのためにはhttp://www.e-kokusei.go.jp/をブラウザのURLアドレス欄に打ち込めとあったが、アルファベットを打ち込むのが面倒だったので検索窓に『国勢調査 ログイン』と入れてみるが、ログイン画面がヒットしない。Googleでトップに出てくるのはネットでの回答を勧める国勢調査キャンペーンサイトだった。

よくよく見ると、そこにログイン画面へのリンクはあるのだが、直感的には分かりにくい。そのページでもやはり紙資料と同じく、アドレスバーに打ち込むことを勧めていた。もっと楽にログイン画面にたどり着く方法はないものか!改善を求めたい。

国勢調査2015ログイン
改善を求めたいログイン操作

ログイン後の操作はいたって簡単、本当に分かりやすかった。ただ最終的に回答を送信するときにパスワードを求められたので、何も考えずに、ログインするときに与えられていた初期パスワードを入れてしまったところ、はじかれてしまった。送信できない!!

新しいパスワード設定を求める画面
新しいパスワード設定を求める画面

資料をもう一度よく見ると、以下の通り書いてあった。恥ずかしながら・・・・

  • 回答データを保護するために新しい「パスワード」を設定ししてから、送信をボタンを押してください。
  • ここで設定したパスワードは、回答内容の確認や修正を行うための再ログインに必要となります。

———————

昨日、昼前に玄関のチャイムが鳴った。
妻は銀行に出かけたし、私のほか誰もいないので、『今日は朝からよくなる日だ』と面倒な思いを胸に出てみると、「国勢調査です。おばあちゃんでごめんなさい」と言いながら、胸に下げた調査員のカードを示した。

私は思わず「えっ!またですか?調査が多すぎますよ」と言ってから、アンケートとか調査とか他人の時間を勝手に奪うやり方に不満をぶちまけ始めたところ、相手の女性がニコニコしながら私を見ている。愚痴は萎えてしまった。

穏やかな対応の調査員に心が和み、勧められたオンライン回答をその日のうちに済ませてしまった次第。