Google が Gメールの標準機能として『送信取り消し』を導入した、という記事を読んだのは6月24日だったと思う。私のGメールでも設定したいと思って早速設定画面に行ってみたが、どこにもそれらしいボタンがない。

順番待ちかと思い直して月末まで待ち、さらに月明けにも確認してみたがやはり出てこない。ガッカリしながらも懲りずに先週末にも設定画面を開けてみた。それでも現れないので、Google Appsユーザーには有効化されないのだろうと諦めていたところ、今日何気なく設定画面を覗いてみると、写真〔赤線の部分〕の通り「送信取り消し」が現れていた。

やれやれ!1月以内に使用可能になるとか、日本のユーザーには7月中旬とか具体的日程のアナウンスをしてくれたら良いのに!

どれだけお世話になるか分からないが、とりあえず30秒で設定してみることにした。

Gメールの送信取り消し機能設定画面

送信取り消しを有効にするには、Gメール画面で

  1. 右上の歯車のアイコン をクリックし、[設定] を選択
  2. 全般タブの下のほうの[送信取り消し] までスクロールして [送信取り消し機能を有効にする] にチェックをいれる
  3. 取り消せる時間(メールの取り消しを行うまでの秒数)を5、10、20、30の中から選ぶ
  4. ページの下部にある [変更を保存] をクリック