1505132月に始まったFacebookの「追悼アカウント機能」がこのほど日本でも利用可能になったというので、管理人の設定方法などを少し調べてみた。

追悼アカウントとは、利用者が亡くなった後で友達や家族が集い、その人の思い出をシェアするための場所です。追悼アカウントの主な機能は以下のとおりです。詳しくはこちらへ

追悼アカウント管理人の設定には、Facebookにログイン後、設定>セキュリティで追悼アカウントの管理人追加ができる。管理人の指定には、アルファベットで友人の名前を入れると、プロフィール画像と一緒に候補者が出てくるので確認して設定できる。そのとき、指名した旨のメールを送るかどうかの選択もある。

因みに現時点では一人しか指名できないようだが、一度指名した後も削除して別人を指名することは可能。私は最初妻を指名したが、削除して息子に入れ替えてみた。

指名する方法はこれで習得、ナットク。次は指名される側の体験をしてみたいものだ。

ユーザーの死後、指名された管理人は、「追悼」と表示されたタイムラインで葬儀のお知らせや特別メッセージなど一番上に表示される投稿をおこなったり、まだつながっていなかった家族や友達からの友達リクエストへの対応、プロフィール写真やカバー写真の変更などを操作できるようになります。

情報源: Facebook、自分の死後のアカウント管理人を指名できる機能を国内でも利用可能に | アプリオ